“オリビエ・サラダ”に“毛皮コートを着たニシン・サラダ”!?ロシアのサラダ

2010-01-09

伝統的なロシアのサラダは、緑の葉がたっぷりのグリーンサラダに比べ、
ジャガイモやキュウリ、人参、キャベツなどロシアの大地の恵みがいっぱい!

お野菜の切り方はサイノメ切りか千切りが多く、
味付けはマヨネーズやスメタナ(ロシアのサワークリーム)和えや、油と塩で
マリネされたようなシンプルなものが多いようです。
ロシアらしい!と言ってまず思いつくサラダはやはりオリビエ・サラダ。
特に新年には「もみの木」「みかん」「シャンパン」と並んで欠かせないものに
挙げられています。

フランス人の血をひくモスクワの料理人オリヴィエが発案した料理で、
もともとはエゾライチョウ、タン、アンチョビ、魚の卵巣、ザリガニなどが入っていましたが、
ソ連時代に手に入りやすい食材にアレンジされ、大衆に広がりました。

今ではジャガイモや玉ねぎ、ニンジン、ハムやソフトタイプのサラミ、茹で卵にキュウリのピクルスなどをサイノメに切り、マヨネーズをたっぷりかけて混ぜたもので、
日本のポテトサラダはここからきているのだという説もあるそうです!

▲そしてもうひとつユニークなネーミングの“毛皮コートを着たニシン・サラダ”
ビーツの赤紫と白いスメタナ(ロシアのサワークリーム)との鮮やかなコントラストが
ボルシチのよう。
茹でて細切りにしマヨネーズあえにしたビーツとジャガイモ、酢漬けニシンを
重ねていきます。

まるでケーキみたいに華やかでボリュームもたっぷりなので、お祝いの席でも
よく登場します。
ほかにもよく見かけるロシアのサラダには、
キャベツやニンジン、パプリカが入っている「ビタミン・サラダ」
(おそらく長い冬には取りにくい新鮮なビタミンを豊富に含んでいるところからきているのでしょう。)
チーズとオリーブ入りの「ギリシャ風サラダ」
日本でも人気のある「シーザーサラダ」や「ルッコラのサラダ」
野菜としてお米が入っている「イカ・サラダ」や「カニ・サラダ」もあります。

また、ナメコや昆布、カニカマはロシアにもあって、サラダとしてよく食べられています。