シベリア・サハ共和国の雑貨たち☆その2

2010-01-17

「モスクワ特派員ブログ」内でも人気検索ワードのひとつとなっている
世界一寒い村「オイミャコン」
http://ameblo.jp/ichinoheyuri/entry-11463539878.html

ロシアの声では番組冒頭で広いロシア各地のお天気をご紹介していますが、
サハ共和国オイミャコンでは今日は雪。気温はマイナス54度。
いったいどんな寒さなんでしょう・・・!?

今回も、ひきつづきそんなサハ共和国の雑貨をご紹介します!


▲絶滅してしまったマンモスの骨で出来たマンモス。

▲大きさや色など、さまざまな種類があります。

2005年の愛知万博にも、サハ共和国の永久凍土から発掘された
マンモスの骨が展示され話題を呼んだの記憶に新しいところ。
モスクワにも「氷河期時代博物館」があって、マンモスを見ることが出来ます。
http://www.iceage.ru/

そしてこちらはチョロンと呼ばれるカップ。

▲サハ民族は儀式の際に、このカップで馬乳酒を飲むのだそうです。

 

▲こちらはソ連崩壊後、ロシア連邦内のサハ共和国となって375周年を記念で
作られた陶製のチョロン。

 

同じ日、こちらモスクワは晴れ。気温マイナス14度。
日の出 8;48
日の入 16:32

ロシアに来て初めて知ったのですが、
冬はすっきりと晴れる日ほど寒いのです。
朝の天気予報で気温チェックは欠かせません。
晴れマークや曇りマーク、でなく、気温をしっかりと見て
外出しなければ大変!体調に、いえ命にも関わります。