【日本のなかのロシア】芸術は永遠に!ロシア文化フェスティバル2022 IN JAPAN

2022-06-15

2003年に日本がロシアで実施した「ロシアにおける日本文化フェスティバル」、2005年に両国で実施された「日露修好150周年」の記念事業に引き続いて、日ロ国交回復50周年の2006年に「ロシア文化フェスティバル IN JAPAN」が始まりました。

音楽、バレエ、民族舞踊から絵画、映画、アニメ、民族工芸に至るまでロシアの豊かな文化・芸術を日本において幅広く紹介するプログラムが、毎年、日本全国各地において実施されてきました。(それぞれのプログラムは公式サイトからどうぞ。)

2006年からオープニング&クロージングセレモニーをはじめとするさまざまな文化イベントやコンサートの司会で、そして2012年からは公式サイトでの連載『ロシア文化フェスティバルblog』でもご一緒させていただいています。ロシアナとしての大切なライフワークのひとつであり、ロシア文化フェスティバル INJ APANと共に歩んできたと言っても過言ではありません。(2020年までのロシア文化フェスティバルについてはこちら☆【新型コロナウイルス対策】【ロシア文化フェスティバル IN JAPAN】2020日本からロシアへ愛を込めて

△今年2022年は、8月29日のオープニングセレモニー&記念コンサートが予定されています。コロナ禍で昨年は一時帰国が叶わず、今年はと思っていた矢先にウクライナとロシアの間に目を背けたくなるような信じがたい悲しい出来事が起こってしまいました。

でも、そんな今だからこそ、1日も早く情勢が落ち着くことを願いながら、8月29日には必ず司会としてオープニングのステージに立ち会いたいと思っています。

〜コンサート情報〜 今年のプログラムからオープニング記念コンサートを含めて3つご紹介します。

1、ロシアの新星と日本演奏会の合同コンサート(オープニングコンサート)

 

2022年8月29日(月) 18:00開場18:30開演

紀尾井ホール

全席指定5,000円

神尾真由子 ヴァイオリン、松田華音  ピアノ、ラヴィリ・イスリャモフ ヴァイオリン、アレクセイ・サヴィンコフ オーボエ、アンドレイ・チェルコフ ピアノ

 
2、モイセーエフバレエ http://moiseyevballet.jimdofree.com
 
2022年
10月17日(月)開場17:30開演18:30
東京:新宿文化センター大ホール
10月18日(火)開場17:30開演18:30
東京:めぐろパーシモンホール大ホール
10月19日(水)開場17:30開演18:30
横浜:関内ホール大ホール
10月21日(金)開場17:30開演18:30
埼玉:和光市民文化センターサンアゼリア大ホール
全席指定 (2021年のチケットはそのまま使用できます。)
S席12,000円
A席8,000円
 

3、「芸術の大使館」プロジェクト ヴァイオリン&オーボエとピアノのコンサート

2022年
8月30日(火)19:00開演
さいたま市文化センター小ホール
 
8月31日(水)19:00開演
関内ホール小ホール
 
9月1日(木)19:00開演
武蔵野市民文化会館小ホール
 
入場料:全席指定 一般2,500円 学生1,000円
 
ヴァイオリン:ラヴィリ・イスリャモフ、オーボエ:アレクセイ・サヴィンコフ、ピアノ:アンドレイ・チェルコフ
 
 

〜お問い合わせ〜

ロシアン・アーツ

E-MAIL:russian-arts@e-mail.jp

電話:03-5919-1051

 

 

【英国のなかのロシア】マトリョーシカ ・キャンドルも人気!オリガ・ヴィルシェンコ

新年にリバティで発見!オリガ・ヴィルシェンコさんのデザインしたマトリョーシカ・キャンドル「The Russian Seasons collection」(☆【英国のなかのロシア】Happy new year 2022! リバティ・ロンドンで見つけたマトリョーシカ

オリガ・ヴィルシェンコさんの店舗があると聞いて、チェルシーへ。

マトリョーシカ・キャンドル「The Russian Seasons collection」は、子ども時代を過ごしたロシアの田舎をイメージしているそう。キャンドルだけでなく洋服のデザインでも、ロシアの伝統的なモチーフを取り入れているVILSHENKOらしく、グジェリ柄(☆【コバルトブルーと白の世界!グジェリ】〜まとめ〜)やジョストヴォ柄(☆幻想的な想像のバラが咲く!ジョストヴォ塗りの郷へ)、ホフロマ柄などが施されています。

ロシアではツム百貨店のなかにあるそうです!(☆高級百貨店ツムからのプレゼント!