【英国のお気に入り】デヴォン式?コーンウォール式?クロテッドクリームとスクール・トリップ

2022-06-20

5日間のレジデンシャル・トリップから元気いっぱいに帰宅した息子。真っ黒に日焼けして、また少し大きくなったかな?

大きなコーチに乗って、みんなお揃いにしたパーカーを着て出かけますが、行き帰りのドライブスルーと遊園地ではお小遣いの10ポンドで自由にお買い物ができます。「ドライブスルーでお菓子を買って、遊園地でスラッシュを飲んで(関連☆イギリスでかき氷はじめました!ロシア人は常温がお好き?)、あとはマグネットを買ったよ!」ロシアでもイギリスでも、旅先ではお気に入りのマグネットを購入してコレクションしている息子。

△昨年Y5のときは、地図の右デヴォンの森へアスレチックやアーチェリー、キャンプ・ファイヤーの5日間で、今年Y6ではコーンウォールの海でマリン・スポーツの5日間。デヴォンとコーンウォールといえば・・・クロテッドクリーム!

△クリームティーの焼き立てスコーンに添えられたクロテッドクリームとジャム。このクロテッドクリームの町として有名なのがデヴォンとコーンウォールなのです。イギリス南西部、海辺に豊かな牧草地が広がるこのふたつの町では、それぞれデヴォンシャー・クリーム、コーニッシュ・クリームと呼んで自慢のクロテッド・クリームを作っているのですが・・・

△クロテッドクリームを先にのせてその上にジャムがデヴォン式。一方、先にジャムをのせてその上にクロテッドクリームがコーンウォール式なのだそう!スコーンの熱でクロテッドクリームがとろりと溶けるのがすきで私はデヴォン派ですが、たっぷりクロテッドクリームをのせられるコーンウォール式も捨てがたい!

そんなおしゃべりですっかり盛り上がり、肝心の仕事の話は後回し・・・

△クリームティーが美味しいカフェThe English Rose Café and Tea Shop

英国の花バラの食器や壁紙につつまれて。関連☆英国の花バラ、満開!リージェンツ・パークのバラ園〜イギリスとロシアの好きなところ〜

関連ブログ

イギリスはクロテッドクリーム!ロシアは生クリーム⁉︎イギリスとロシアのアイスクリーム事情 2