モスクワ ファーストフード事情(2009年)

2008-12-01

マクドナルド
1990年にロシア1号店がオープンしたモスクワのマクドナルド。
当時の行列ぶりは日本でも話題になったそうですが、その人気は健在。
 
 

▲モスクワのマクドナルド
 
←大柄なロシア人にもぴったりで大人気の“ビッグ・テイスティ”(95ルーブル)
通常のハンバーガー(24ルーブル)と比べるとこのボリューム!トマトやレタス、玉ねぎなどお野菜もたっぷり。レタス不足のときには代用で白菜が入っていたなんて噂も!
 
皮ごと挙げて厚切りにした“田舎風ポテト”(45ルーブル)という種類もあります。
日本では「お砂糖とミルク、おひとつずつお使いですか?」と聞かれるコーヒーですが、ロシアでは何も聞かずにお砂糖3つ!!!(ミルクは有料)
 
一方、マクドナルドに対抗するように出現したロシア版ファーストフード、ルースコエ・ビストロのほうは規模縮小。ときどき街中で、ピロシキを売る屋台は見かけます。
揚げたものでなく焼いたものが一般的なモスクワのピロシキ。中身はキャベツ、肉、キノコ、レバー、リンゴ、お米(!)など。(1個約20ルーブル)
 
 
テレモーク
ロシア版ファーストフードと言えば、私のお気に入りはテレモーク。ロシア風クレープ“ブリヌイ”屋さんです。
クレープよりやや厚手でもっちり、ひまわり油で香ばしい焼き色をつけ た生地に、定番のイチゴジャムや蜂蜜、スメタナ味など選べる中身は数種類。

▲テレモーク

 
クローシュカ・カルトーシュカ
ほかにも、ジャガイモを使ったファーストフードクローシュカ・カルトーシュカ。
オーブンで焼いた熱々ほくほくの大きなジャガイモを、とろりと濃厚なバターでほぐし、お好きな具を2~3種類、目の前でトッピングしてくれます。キノコのスメタナ煮、ビーフストロガノフ、カニマヨ、サーモン、キュウリのピクルス・・・などなど十数種 類。女性なら、ひとつでお腹いっぱいです。(ジャガイモ1個52ルーブル。トッピング1種類約26ルーブル)

 

           

さすがロシア!のサーモン味(115ルーブル)こちらもロシアならではのイクラ味(115ルーブル)

ロシア人にも大ブームの本格派「讃岐うどん」
そして、なんと今モスクワで大人気なのが、その名もうどんやさん!

 

モスクワ在住日本人のみならず、ロシア人にも大ブームの本格派「讃岐うどん」がファーストフード感覚でいただけます。いつお邪魔しても、お箸を上手に使って湯気の立つうどんをすするロシア人でいっぱいです。(わかめうどん1杯100ルーブル)
ほかには、ケンタッキーフライドチキンならぬロスチックス(メニューには、定番のフライドチキン以外にロシア風バーベキュー“シャシリク”もあり)、日本でも人気のあるケバブやホットドッグ、中華の屋台もよくみかけます。ファーストフードに立ち寄れば、短時間で手軽に普段着のロシアも味わえそうですね!
 

▲ロスチックス

 

 

▲ペチカで焼いたピロシキ屋

 

 

▲中華の屋台

 

ロシア雑貨マリンカHP内連載「モスクワ通信.ru」より