黄金の秋は結婚式シーズン!

2008-10-01

長い冬と短い夏の間の、さらに短い秋の1週間、
モスクワの木々は一斉に黄金色に染まります。
詩人プーシキンは、この美しいロシアの秋を“黄金の秋”と名付けました。
赤や黄色の日本の紅葉も格別ですが、黄金色のロシアの紅葉も美しいものです。
大きな黄金色の葉っぱが敷き詰められた落ち葉の絨毯のうえを、
大きな黄金色の葉っぱをブーケにして歩く人が行き交うなか、
週末になると目を引くのが白いウエディングドレスです。

戸籍登録課で婚姻届を済ませ、ロシアでは右手の薬指に指輪をはめた新婚さんたちは、
華やかに飾られた長いリムジンに乗って、モスクワ市内へ繰り出すのが恒例となっています。
赤の広場やクレムリン、雀ヶ丘展望台など、モスクワでも景色が美しいとされる
場所へ行っては、写真を撮ったりビデオを回したりして、とっておきの記念日を過ごします。

道行く人が“ゴーリカ、ゴーリカ!(苦いぞ!)”なんて声をかけると、二人は甘いキスで応えなければなりません。
たくさんのひとが“おめでとう!”と声をかけ拍手を送り、そうして幸せは何倍にも膨らんでいき、お待ちかねの夜の大宴会へとつづいていくのです。

厳かなロシア正教会ウェディングや豪華なレストランウェディング、はたまた伝統にならって、
早朝に花嫁の家にやってきた花婿が、家族や友人によって隠された花嫁を探し、お姫様抱っこで連れ出すウェディング・・・などなど、
カップルごとに結婚式のスタイルもさまざまなよう。
変わらないのは、二人が永遠の愛を誓うことくらい。
一方で、実はロシアの離婚率の高さは驚くほどの数字です。
2006年の統計では、結婚登録数が42万2000件のところ、なんと離婚率は30万7000件・・・
ほぼ3人に1人の割合なのです。
黄金の秋に実った愛の誓い、どうかいつまでも続きますように!

「モスクワ通信.ru(ロシア雑貨マリンカ)」より