フィギュアスケートGPファイナル@東京

2009-12-08

12月3~6日にかけて東京代々木体育館では
フィギュアスケートのグランプリファイナルが開催されました!
世界6都市で繰り広げられたグランプリシリーズ大会に1選手2大会までエントリー。
その大会での順位をポイントに換算し、上位6人・6組だけが出場できるグランプリファイナル。
バンクーバー五輪まで約2カ月となり、世界からトップスケーターが集結しました。

▲ロシアの声特派員として、ロシア人選手の取材に行ってきました!
公式ガイドブックとプレスパス。
ロシアからは
女子シングルスにアリョーナ・レオノワ選手
ペアに川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ組
    マリア・ムホルトワ&マクシム・トランコフ組
がエントリーしました。
▲SPではパーソナルベストを更新し3位につけたレオノワ選手でしたが
FSでは思うように演技ができず結果は6位でした。
SP後に取材をさせていただいたのですが、この日はピャトワコーチのお誕生日だったのだそうで
「最高のプレゼントになりました!」と話していたのが印象的でした。
▲ムホルトワ&トランコフ組。
今回はグランプリシリーズを通して
ずいぶん安定したスケーティングをみせました。
FS曲はムホルトワ選手がずっと挑戦したかった曲だそうです。
そして、昨年ロシアの声でインタビューさせていただいた
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ組。
「SPでは気持ちと音楽と動きとを一緒にすることができなかった」として結果は5位でした。
3年連続のファイナル進出で、バンクーバー五輪へ向けて期待が集まります!

▲2009年2月のNHKでのレポート
レオノワ選手やスミルノフ選手からのメッセージ、
そして川口悠子選手への最新インタビューは
ロシアの声で放送予定ですのでどうぞお楽しみに☆