モスクワ大学で落語の寄席☆

2009-11-27

ロシアの最高学府ロモノーソフ記念モスクワ国立総合大学。
МГУ(エム・ゲー・ウー)と呼ばれています。

日本からの留学生も多く、数々の著名人を輩出してきました。
1953年に完成したスターリン様式の建物は
観光スポットとしてもおなじみです。



モスクワ大学のやや近くに住んでいるので、
帰り道にはいつもライトアップされたモスクワ大学が見えます。

私はロシアの大学に通ったことがないので、
中に入ったことはなかったのですが、
敷地内の日本センターで開催された寄席の取材で
はじめてその門をくぐりました。


▲日本センター


▲入口にあった記念碑

▲ロシアで寄席に挑戦した三遊亭楽麻呂師匠。
落語の歴史や、小物の説明といったユニークな講義と、
「ちりとてちん」を披露してくださいました。

 

日本語を勉強している学生さんが集まったこともあり、
会場ではまず楽麻呂さんの日本語に爆笑、そのあとで同時通訳を
聞いてまた爆笑、と
2度笑いが起こっていました!

公式サイト http://www.msu.ru/