【今日のロシア】『窓ぎわのトットちゃん』

2011-05-22

いわさきちひろの絵と初めて出会ったのは黒柳徹子さんの著書「窓ぎわのトットちゃん」でした。

トットちゃん

ちひろ美術館の館長でもある黒柳徹子さんのこの本、
ちょうど出版30周年を記念した特別展が開催中でした
 
「君は、本当は、いい子なんだよ」
本のなかで校長先生がいつもトットちゃんにこう言います。
ТОТТО-ТЯН!1
 
世界中で翻訳され、世界中の子供たちに寄り添い味方になってくれるこの本、ロシア語に翻訳したのは・・・
 

ТОТТО-ТЯН!2

私が勤務していた「ロシアの声」日本語課のレーヴィン元課長!まもなく90歳を迎える日本語の達人です。

関連

【今日のロシア】黒柳徹子さんと

【今日のロシア】黒柳徹子さんとパンダマトリョミン

【今日のマトリョーシカ】東京ちひろ美術館