【旧ソ連圏 バルト3国リトアニアのなかのロシア】ソ連から独立したリトアニアから、さらに独立宣言!?不思議でアートなウジュピス共和国とロシア正教会

2020-05-04

ビリニュス旧市街の東、ヴィルネーレ川の向こうにあるウジュピス共和国。(ウジュピスは川向こうという意味だそう)旧ソ連時代から芸術家たちが住みはじめ、“ウジュピス共和国”として独立宣言!なんとも不思議でアートな場所になっています。

IMG_4077

△ウジュピス共和国への入り口、ウジュピオ橋

IMG_4371

△橋の脇にある建物内では、さまざまなウジュピス土産を購入できるほか、

スクリーンショット 2020-05-03 17.18.54

△入国スタンプも押してもらえます!毎年、ウジュピス共和国の独立記念日である4月1日には、パスポートなしでは入国出来ないのだとか・・・

IMG_3995

IMG_4015

△町のシンボル、天使の像

IMG_4001

IMG_4002

IMG_4021 IMG_4004

IMG_4006

△通りには、各国語で書かれたウジュピス憲法が並びます。

IMG_4012

△日本語もロシア語もありました。ユニークな憲法の一部をご紹介すると・・・

10. 誰にも猫を愛し、世話をする権利がある。
11. 誰にも、犬か人間のどちらかが死ぬまで、犬の世話をする権利がある。

13. 猫には飼い主を愛する義務はないが、必要とされたら飼い主を助けなければいけない。

 
39. 勝つな。
40. やり返すな。
41. でも降参するな。など
 

IMG_4034

IMG_4033 IMG_4053

IMG_4043

IMG_4050

IMG_4059

△朽ちたロシア製のピアノがあちらこちらに置かれています。誰かがぽろろん・・・と奏でると、川の流れとともに今この時しか聴くことのできない音色が響き、まるで巨大なインスタレーション。

IMG_4060

IMG_4056 IMG_4058

IMG_4055

IMG_4064

IMG_4376 IMG_4377

△再び橋を渡って、ウジュピス共和国からビリニュス旧市街へ

IMG_4047

△ウジュピス共和国から見えたロシア正教会へ行ってみることにしました。

IMG_4078

IMG_4069

IMG_4074

IMG_4379

△通りの名前も“ロシア通り”でした!