【ロシア文化フェスBlog】2012クロージング・レポート~能楽師・人間国宝 坂井音重さん~

2012-12-21

能楽師で人間国宝、さらにロシア文化フェスティバル組織委員としてもご活躍いただいている坂井音重様に、日本側を代表してご挨拶をいただきました。
凛として美しいその立ち姿からは他を圧倒するオーラを感じます。
「私は2003年の日露文化交流のフィナーレにおいて、モスクワのボリショイ劇場とサンクトペテルブルグのマリンスキー劇場で、能を演じました。日本の伝統文化である能を通して、多くの友人ができました。それは、ダイヤモンドにも勝って輝く私の心の宝だと思っております。これからもこの宝が大きく広がってゆくことを願ってやみません。
文明は、決して人間の幸せとは限らない進化をすすめていますが、文化は人を豊かにし、心を和らげ、人を幸せにするものです。
日本には、千数百年の日本人の心の文化があります。一方で、今日のクロージング・コンサートもそうでしたが、ロシアのオーケストラの演奏にはいつも魂を揺さぶられます。これは、同じ人間として、大切な同じ基盤を有しているということです。
来年2013年に8回目となるこのフェスティバルがますます広がりを見せ、さらに両国が親しくなることを願ってやみません。」
いちのへ クラシック音楽もとてもお好きだと伺いました。
「ええ、ロシアの作曲家も大好きです。今日は、日本でも愛されているチャイコフスキーの作品ばかりでしたが、美しい音の響きだけでなく、何かを語りかけているような演奏でした。」
いちのへ 日本とロシアの文化、伝統芸能に通じる素晴らしさはどこにあるとお考えでしょうか。
「ひとつには、技術のレベルが高いこと、もうひとつは、それを発信する人間の心の力でしょう。」
いちのへ 未来へ一言お願いいたします。
「世界が、文化で、ひとつになり平和になること。それが我々が共有する心のあり方ではないでしょうか。」
ひとつひとつのお言葉に、そして常に気品漂う丁寧な物腰に、会場が魅了されました!

「ロシア文化フェスティバルblog」より