【今日のロシア】夢見るロシアナビゲーター

2012-12-21

『BCLライフ2012-1013』(三才ブックス)12月17日「BCLの日」から大好評発売中です

BCLとは・・・Broadcasting Listening/Listenersの略で、
短波ラジオや最近はインターネットを使って
国内のみならず海外のラジオも楽しむリスナーのこと
「ロシアの声」も、日本でお楽しみいただける海外ラジオ局のひとつです!

今回の目玉はなんといってもBCLの神様、故・山田耕嗣先生の

録り貯めていらしたカセットテープ音源から、
日本短波クラブの皆様のご協力で制作されたという

“今は聴けない激レア音源CD”

実はこのなかで私も、『夢見るロシアナビゲーター』という
カラー5ページで特集を組んでいただきました

ロシアナになるまで、モスクワでのロシアナ時代、
そして帰国後、東京特派員としての活動まで・・・

 

 

 

 

今年2012年は、ロシアの声日本語放送70周年記念に加え、
私にとってもお仕事をはじめてから10周年記念の年

こんなふうにこの10年を振り返ったり、
学生さんたちを前にお仕事についてお話したり
思いがけない素敵な機会をいただき本当に良い年になりました

 

「ロシアの声」今晩10時台のMMM(モスクワミュージックマガジン)の枠内で
鳩山中学でのふれあい講演会のときに皆様にご協力いただいた番組、
「東京特派員がお邪魔します~鳩山中学校編~」もオンエア予定です
(再放送は土曜日の21時台の放送、ニュース→ラジオジャーナルの後すぐです)

 

冬至の今晩はゆず湯であったまったあと、
おそばにラジオを置いていただけたら嬉しいです