【今日のロシア】プリュシェンコ選手vs羽生結弦選手

2012-12-22

今晩は全日本フィギュア!今や世界選手権よりも表彰台に上るのが難しいといわれています。あの、カナダのパトリック・チャン選手も記者会見の席で笑いながら「全日本選手権に出場できなくてよかった」なんていってましたね

さて、次世代のエース羽生結弦選手の憧れの選手と言えば・・・ロシアのプリュシェンコ選手ゆっくりと氷の上をまわって初めのポジションに向かうスタイル、完成度の高い4回転ジャンプ、あの柔軟性と美しいビールマンスピン・・・確かにどこか昔のプリュシェンコ選手に似ています。幼少期には髪型なども意識していたそうですよ

羽生選手が公式HPプロフィールで、感動した演技&試合に挙げているのが2002年のソルトレイク五輪でのプリュシェンコ選手の戦いです。 

△SP“マイケル・ジャクソンメドレー“

練習で右足首を負傷していたプリュシェンコ。
オリンピック本番ではSP冒頭の4回転トウループで転倒してしまいます。
暫定1位は宿命ライバルといわれた、ロシアのヤグディン。
暫定2位は、現在、高橋大輔選手のコーチでもある本田武史選手です。

https://www.youtube.com/watch?v=IwHDWUPwO1I

▲LP “Carmen“

4位で臨んだFSでは高難度の技を連発して追い上げ銀メダルを獲得しました。金メダルはアレクセイ・ヤグディン選手の手に!

▲SP ”Winter”

▲LP ”man in the iron mask”

プリュシェンコとヤグジン
この当時、この二人のロシア人選手が、
ロシア国内はもちろん世界のあらゆる大会の1位2位を競っていました。

 滅多にミスをしないプリュシェンコ選手にとって、とるはずだった、とれるはずだった金メダルをライバルに奪われ、悔しい銀メダルとなったのでした。

プリュシェンコ選手のコーチは、アレクセイ・ミーシン。そしてヤグジン選手のコーチも、もともとはアレクセイ・ミーシンでしたが、後輩として天才少年プリュシェンコ選手がチームに加わったことを一因にコーチを変え、タチヤナ・タラソワのもとへ。(浅田真央選手の元コーチで現在は振り付けを担当)そう、ふたりは少年時代からのライバルだったのです。

強く美しいふたりの戦いを応援しつつも、
世界はプリュシェンコ派とヤグジン派にわれていたそう。

さて、ソチ五輪では、プリュシェンコvs羽生の戦いがみられるでのしょうか。