【日露交流年】着物なら並ばずに!プーシキン美術館で「江戸の絵画と浮世絵の傑作展」

2018-10-02

日本では『プーシキン美術館展』が、そしてロシア・モスクワのプーシキン美術館では『江戸の絵画と浮世絵の傑作展』が開催中です。ロシアにおける日本年の目玉イベントのひとつ!

IMG_5133

△連日、長蛇の列!ロシア人の皆様の関心の高さが伺えます。現代アーティスト川俣正さん『Para-site Project 』展も同時開催中で、正面入り口には鳥の巣をイメージしたインスタレーション作品も。

IMG_5079

IMG_5081 

IMG_5087

IMG_5093

IMG_5097 IMG_5099

△北斎、歌麿、写楽・・・!人々の生活や自然の美など江戸の魅力が濃縮された傑作の数々。その色の鮮やかさと繊細な筆運び、構図のモダンさとお洒落で粋なテーマ!

IMG_5106

△提灯がシックなアクセントに!

IMG_5114

重要文化財の風神雷神図屏風(尾形光琳筆)

IMG_8418

△今回の素晴らしい展覧会のディレクターでいらっしゃるユスポワさんと。こちらの展覧会は、着物で伺うとなんと列にならぶことなくご覧頂けます。展覧会でも、その道中でも、たくさんのロシア人の方にお着物を喜んでいただけて、ロシアでまた改めて日本の美を教えて頂きました。

IMG_5392

△館内案内には、日本語バージョンも!

(前期9月4日〜30日・後期10月3日〜28日で展示替えがあり)

プーシキン美術館 https://pushkinmuseum.art/

☆Шедевры живописи и гравюры эпохи Эдоはこちら

☆Тадаси Кавамата. На птичьих правах / Para-site Projectはこちら

カテゴリー: 今日のロシア