J−FEST Summer 2017

2017-07-17

ゴーリキー・パークではちょうどこの週末15日16日にかけて、J−FEST Summer 2017が開催されていました。

スクリーンショット 2017-07-17 1.37.41

 △J−FEST Summer 2017公式サイト(http://www.j-fest.org)日本のポップカルチャーを紹介するイベントで2010年から毎年開催されています。

ロシアにおける日本アニメブームが火付け役となり、生け花や茶道、書道、けん玉、折り紙、囲碁将棋、武道などのマスタークラス、日本舞踊や和太鼓ショーが開催されるなど、毎年工夫されたプログラムを通して伝統文化に興味を持つロシアの若い人たちも増えています。(イベントスケジュールはこちら

スクリーンショット 2017-07-17 1.51.11

 

△今年は夏祭り風の演出になっていて、会場中央に櫓が組まれていました。盆踊りが開催され、浴衣美人コンテストもあるようで、浴衣を粋に着こなすロシア人が多いのに驚きました!そして、猫耳やしっぽをつけている人もたくさん!

 

スクリーンショット 2017-07-17 1.53.48 スクリーンショット 2017-07-17 2.05.11

 

9月から村上隆さんの企画展 «Будет ласковый дождь»がされる現代アート美術館«Гараж»の前は、コスプレイヤーたちでいっぱい!皆お気に入りのキャラクターと記念撮影を楽しんでいました。

スクリーンショット 2017-07-17 2.06.55

 △沢山のお店が集まるデザインマーケットコーナーでも、一番人気はこの猫耳&しっぽショップ。男性も女性も、自分好みのもの選んで、飛ぶように売れていきます!コミックやアニメ関連のグッズも熱気がありました。

 

日本食の屋台の味も大人気!焼きそばにたこ焼き、日本のカレーライス、唐揚げ、巻き寿司におにぎり、ラーメンなど・・・どれも長い行列ができていました。

スクリーンショット 2017-07-17 1.57.32 

スクリーンショット 2017-07-17 2.16.54 スクリーンショット 2017-07-17 2.39.06

 

△飲み物はモスクワでも人気でよく見かけるようになったダイドーの自動販売機。購入後に「ありがとうござました〜!」と日本語で挨拶が流れるマシンは、礼儀を重んじるハイテクの国ならではだね、と話していました。暑い夏にはやっぱり麦茶が美味しいですよね。

 

2007年に滞在していたときから、ロシアでは日本のイメージがよく、どこへ行っても好奇心と尊敬を持って迎えられましたが、2017年の今、日本ブームはますます幅広く広がり着実に根付いていっているように感じます。

ロシアで見る日本の文化は、改めて誇りに感じられる素晴らしさに溢れていました。外国の方が日本のどのような分野に興味関心を持ってくださるのかも参考になり、日本をそれぞれのスタイルで愛するたくさんのロシア人に出逢うことが出来る貴重な時間になりました。

来年はもっとゆっくりと堪能したいです!

 

カテゴリー: 今日のロシア