【メトロに乗って】ノヴォスラボツカヤ駅(Станция метро «Новослободская»)

2019-12-04

世界一美しいモスクワの地下鉄駅。環状線を中心に駅ごとにさまざまなテーマがあり、絢爛豪華な装飾が施され、人気の観光名所にもなっています。今回ご紹介するのはНовослободская駅。映画『モスクワは涙を信じない Москва Слезам Не Верит』にも登場する美しいステンドグラスで有名な駅です。

44C1BFB7-77E2-429D-9CC4-532EA155C084-600x450

B00CB6EF-6E39-452A-BAAF-97FE5CDC01D1

9011B321-EADD-4C8E-88C0-C09F2083BB70

487E369A-F698-473E-B047-6E1EE9086788

E37CD13D-0449-469F-96DF-9DB59B08F6CF

330561B3-0587-4A04-AC7A-428924F7F81D

F55813CC-F404-4170-9D26-8C8305B3684D

9B332B2E-DB47-4233-9E1B-C1D7AE32883C

0421537D-4C8A-4304-9823-133D2CE96B68

BB637E5E-7CED-4CF2-8360-6E49517E5CCC

 

△映画のなかのワンシーン。映画『モスクワは涙を信じない Москва Слезам Не Верит』(1979)はソ連時代に伝説的ヒットを記録した作品で、1981年にはアカデミー外国語映画賞も受賞しました。主人公カテリーナ役を演じた女優Вера АлентоваとВладимир Меньшов監督は、演劇学校(Школа-студия МХАТ)の同級生で学生結婚。今もおしどり夫婦として知られています。

タイプの異なる3人の女性たちが激動の時代を生きていく“ソ連版の『セックス・アンド・ザ・シティ』”なんて言われたりもしています。この地下鉄駅はもちろん、レーニン図書館やスターリン建築の文化人アパート、大学寮、工場などモスクワの街が舞台となっているので、建物や風景の今も変わらぬ雰囲気や移り変わりを楽しむことも出来ます。三人三様のファッションやインテリアなどにも注目です!