【モスクワのレストラン】新感覚が癖になる!中国の蘭州拉麺&刀削麺

2019-11-24

新感覚の美味しさで一度食べたら癖になる蘭州名物牛肉拉麺&刀削麺のお店へ連れて行っていただきました。

1192A677-DB5C-490E-A4D1-CCEE2C5B0DB5

△牛の出汁と牛チャーシュー、そしてポイントはたっぷりのパクチー!スープは山椒が効いていて独特の風味が病みつきなります!

DA8EF4A6-F264-49C0-AE59-F233B34A5317

908C8DE3-5C57-479F-9859-187A7100231E

2BFA78B0-E34F-4AD4-8E11-6B26F647D740

△熱々の美味しいコーン茶はセルフ・サービスでした。

7D10A4DF-6456-4701-B5C2-EAB10682E6C5

△中国語が飛び交う店内は、ポスターなども中国語オンリー!モスクワ大学の近くということもあり、学生さんでしょうか周りは中国人でいっぱいです。

C2F916E7-7613-47CD-9527-9D667412D6C8

△席につくと、メニューとともに白いオーダー用紙が手渡され、そこに注文を書き込みます。

4563B4C4-E592-4BB0-8643-362DCB9644C1

573CBB6F-2C06-473F-A7A0-17D0B3CCDF7A

827453F8-BEB8-4E72-83E4-DB95F5CEA9A1

“舌炎上的美食”の文字!

C739808B-2508-4DF2-9347-CD9BB1F9027A

自家製ラー油が並々と注がれた大きな丼の乗るカウンター越しに、鮮やかな麺づくりのパフォーマンスが見えます。オーダーを受けてつぎつぎに製麺していきます。細い拉麺も太い刀削麺も、もちもちしてこしのあるうどんのような食感です。

4B4EF1A4-B634-4F5C-9C2B-B34FED869355

△酸菜牛肉拉麺。酸っぱい白菜の漬け物がアクセント。自家製ラー油をたっぷり加えて召し上がっている方も。

5C94722A-9E5B-4185-AE2C-05F314E89120

△乾豆腐の前菜はラー油がピリリときいてビールに合いそう! 周りのテーブルで注文されお料理も、どれも気になります。

中国の首都北京から離れた北西部の甘粛省にある蘭州名物の拉麺、新感覚で癖になります。都心部から少し離れているためまだ知る人ぞ知る人気店という感じですが、ベトナムのフォーなどエキゾチックな麺が大流行中の2019年モスクワで、このお味はロシア人にも人気が出そうです。

蘭州牛肉拉麺 

住所:Ломоносовский проспект, 25к5