【エジプトのなかでロシア】12月31日午前 カイロのロシア正教会と世界遺産シタデルのムハンマド・アリ・モスク

2019-12-31

朝の飛行機で、ルクソールからカイロへ戻ってきました!

 

エジプトのなかのロシアというと、まずアスワン・ハイ・ダムを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。ナイル川は、かつては毎年洪水が起こっており、そのため流域に肥沃な土壌が作られていました。しかし人口の増加により、洪水をコントロールするために1901年アスワン・ダムが建設されました。しかし、規模が小さく不十分だったため、ソ連からの資金援助によりアスワン・ハイ・ダム建設が行われました。

エジプトにはロシアからたくさんの観光客が来ていますが、その多くは紅海沿岸の都市に集中しているようです。長く寒い冬のせいか、ロシア人は海が好きなんですよね!
そのため、紅海周辺にはロシアレストランがあるかもしれませんが、カイロやルクソールには今のところないようです。他に何か・・・と調べてみると、ロシア正教会がありました。
 
IMG_2147
 
△慌ててカメラを構えたけれど時すでに遅し!ご覧いただけるでしょうか、写真右奥の建物と建物の間の道路沿いの壁画。空港からロシア正教会へ向かう途中、車窓からロシアとエジプトの友好の壁画を発見しました。一瞬で通り過ぎてしまい停車することが出来なかったのが心残りですが、確かにカラフルな玉ねぎ屋根の聖ワシーリー聖堂とマトリョーシカ、ロシアとエジプト両国の国旗が見えました!
 

unnamed 

△ロシア正教会。残念ながら31日で門は閉ざされたまま、なかへ入ることは叶いませんでした。どんなイコンがあるのかしら?(https://m.facebook.com/russianchurch.egypt/)ロシアを訪れたら、やっぱりロシア正教会は訪れていただきたい場所です。街中にもたくさんありますが、せっかくでしたら日本と関連したイコンのある場所はいかがでしょうか。(モスクワ通信『ロシア正教のクリスマス礼拝とニコライ・ヤポンスキーのイコン』

教会の周りも少し歩いてみました。エジプトの生活が見えてきて、観光名所を巡る以上に旅の醍醐味を感じます。

IMG_2176 IMG_2158

IMG_2169

IMG_2156

C232B079-44DC-4D2A-AE17-47B3E3F7F1A7 

IMG_2154

IMG_2148

IMG_2143

unnamed-1

IMG_2146

△日本車も見かけましたが、ジグリやラーダなどソ連車もよく街を走っていました。旧ソ連系の中古車のナンバーの上にエジプトナンバーを貼り付けている車も!

IMG_2185

△19世紀ムハンマド・アリの時代まで政治の中枢として機能していたという世界遺産シタデルへ。

IMG_2195

IMG_2197 IMG_2198

△カイロ市内を一望できる見晴らしの良い展望台からは、遠くにピラミッドも見えました。モスクワ市内を一望できる見晴らしの良い場所といえばこちら(☆ケーブルカー登場!雀が丘からルジニキへ【モスクワ観光】【子どもと楽しい!】

IMG_2192  

△ガーマ・ムハンマド・アリ。ガーマは寺院という意味です。

IMG_2200

△入り口には可愛らしい花束の形の綿あめ屋さんも。

70E42CFF-7D8C-417F-808F-3F8AE15F7257

△日本語もロシア語もありました

IMG_2209 IMG_2210

△ガーマ・ムハンマド・アリの中庭

IMG_2212

こんなの見たことない!水の波紋のように円形にランプが広がっていく美しいシャンデリア!ステンドグラスも素敵です。

IMG_2213

IMG_2214

IMG_2194

IMG_2216 

政治の中枢を担い、世界遺産がある場所・・・モスクワではやはりクレムリンですね。他にもサンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群(【水の都サンクト・ペテルブルクを訪ねて】まとめ)、ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群(【黄金の輪スーズダリでキュウリ祭り】〜まとめ〜)やカザン・クレムリンの歴史的・建築的複合体(☆【エキゾチック!カザン】まとめ)などが世界文化遺産に登録されています。 

午後は、カイロ発祥の地オールド・カイロを散策します!