【モスクワのスーパーマーケット探検】〜フルーツ編〜 量り売りの青果コーナー

2020-06-13

今日は、モスクワのスーパーマーケットの青果コーナーをご紹介します。フルーツのおいしい季節!

IMG_7353

IMG_7355

△日本のような大きな白桃も恋しいのですが、桃(Персики)、ネクタリン(Нектарины)、アプリコットの種類(Абрикосы、Абрикосы белые гладкие )、スモモの種類(Слива、Слива красная)など・・・とっても種類豊富です。日本では珍しい桃といえば、ちょっぴりつぶれた平たい形の小さな蟠桃 (ばんとう персики плоские、Персики “Донат”)。中国では、楊貴妃が愛し、『西遊記』では孫悟空が食べる不老不死の桃と言われているそうです。Алычаと呼ばれるスモモの一種も。

IMG_4910 IMG_4911

△ぶどうの種類もたくさん!商品名の横の表記 Б/К は“種無し”の意味です。

さて、モスクワのスーパーでは野菜やフルーツの量り売りをよく見かけます。商品棚の値札についている番号をチェックし、ビニール袋に欲しい個数をいれたら計りに乗せます。

IMG_4913

△ジャンルや番号をさがして

IMG_5731 IMG_5733

△タッチするとバーコードのシールが出てきますので、それを袋に貼れば完了です。あとは買い物かごに入れてレジで他の商品と一緒にお会計します。

9E910D92-2E04-4213-8993-ED90AB709168  

果物コーナーには、日本同様にオレンジ、みかん、グレープフルーツ、キウイ、レモン、バナナ、旬の季節にはスイカやメロン(【ロシアの食】スイカ!メロン!きゅうり!?ロシアで人気の瓜系フレーバー)、マンゴー、パイン、チェリー、スウィーティーやライム、ドラゴンフルーツ(Питайя)やパッションフルーツ、マンゴスチン、ココナツ(Кокос)、デーツ(Финик)など・・・なかでも日本よりもよく見かけるフルーツと言えば、ザクロ!フルーツやジュースとしてはもちろん、グルジア料理などでは味のアクセントとして飾られたり、ソースとしても使われます。ベリー類は種類がロシアの方が豊富ですし、西洋すぐりやほおずき(関連☆【ロシアの食】チーズケーキに・・・ほおずき!?)やオブレピーハ(関連☆【ロシアの食】ロシア美人の素!?人気フルーツоблепиха(シーバックソーン))なども売られています。

7733CF90-4AAC-4D84-8DCA-5F738195F51E-600x450

△洋梨や桃は、皮のまま食べるのがロシア流!林檎と同様、丸かじりしながら歩いている人を見た時、はじめはビックリしました!

D9C7F935-758A-48C2-A5AB-B949EF75B65A

△林檎には最近Фуджи フジもみかけます。

59B7E647-E44C-4654-A0AF-42DF5BDC6C5A

ЯБЛОКО БЕРКУТОВСКОЕ, ЯБЛОКО САДОВОЕ, ЯБЛОКО ОРЛОВСКОЕ, ЯБЛОКО ЛИГОЛ, ЯБЛОКО ЛИБЕРТИ, ЯБЛОКО СИМИРЕНКО, ЯБЛОКО ЛОБО, ЯБЛОКО БОГАТЫРЬ, ЯБЛОКО ФЛОРИНА, ЯБЛОКО КАРАМЕЛЬКА, ЯБЛОКО РЕД ЧИФ, ЯБЛОКО МЕДОВОЕ・・・日本とはまた違うリンゴの銘柄がたくさん!アントーノフカなどちいさな青りんごも人気です。(☆【ロシアのお菓子】パスチラ(пастила)