【サモワールの街トゥーラ】トゥーラのプリャーニク博物館

2019-02-04

トゥーラ式お茶会といえば、サモワール(ロシアの湯沸し器)と蜂蜜をつかった伝統菓子のプリャニキ(ロシア版のジンジャーブレッド)!

IMG_2412

甘い香りの漂う小さなお店には、朝からひっきりなしに地元のロシア人がお買い物に訪れます。みんなに愛されているこのお店(1881年創業の老舗«Старая Тула»の直営店)には、ミュージアムも併設されています。

IMG_2083

IMG_2134

IMG_2086

IMG_2090

△最も古いプリャーニクは、蜂蜜を混ぜ込んだ生地を手で丸めたシンプルなもの。その後、木型を使用するようになります。白樺の木型は職人がひとつひとつ手作りしているそうで、もちろん大きく手の込んだデザインほど樹齢の高い良質な木材と職人の技術が必要になります。

IMG_2091

IMG_2126

△ドラえもんの暗記パンのように、文字を覚えるためのプリャーニク『Азбука』など初期の頃のデザイン。プリャーニキの歴史を、実際のプリャーニキとそれを製作した木型とともに見ることことが出来て、まさにプリャーニキで振り返る美味しいロシア図鑑!

IMG_2092

IMG_2097

IMG_2099

IMG_2105

△モスクワ五輪のマスコット“くまのミーシャ“など時代を反映したもの、会社やブランドのロゴや記念日などをモチーフにしたもの、クリスマスやパスハなど年中行事をテーマにしたもの・・・トゥーラではさまざまな記念プリャーニキが作られてきました。

IMG_2104

△ソ連時代のプリャニキのコーナー

IMG_2121

△16kgもある大きなもの。

IMG_2122

IMG_2107

IMG_2118

IMG_2128

IMG_2133

IMG_2413

△最大のプリャーニクは50kg!

IMG_2070

IMG_2140

IMG_2139

△長持ちするので、お土産にも!中身は、フルーツのジャムかコンデンスミルクが人気だそう。

☆プリャーニキ博物館(Музей «Тульский пряник»)http://www.oldtula.ru

 住所:г. Тула, ул. Октябрьская, д. 45.