【モスクワのカフェ】カフェ・チャイコフスキーで朝食を

2018-07-11

モスクワのカフェやレストランでは、平日の開店〜12時頃までзавтрак(モーニング)、12~14時頃までБизнес-ланч(ビジネス・ランチ)を用意しているお店が増えました。もちろん時間帯はお店によって異なりますが、もしランチのお約束をするときには12時頃〜が多くなります。

スクリーンショット 2018-07-11 3.21.11

△カフェ・チャイコフスキーのзавтрак(モーニング)ЗАВТРАК “ЧАЙКОВСКИЙ” 470R。いくつかの焼きたてペストリーに、ミュースリーやコーンフレークス、ドライフルーツ&ナッツ、温かいゆで卵やソーセージ、ベーコンは、セルフサービスで。

スクリーンショット 2018-07-11 3.21.30

△そして、お好みが分かれますが、ロシアの朝食の定番メニュー、каша(カーシャ)。お米やオートミールなどミルクとお砂糖で甘く煮てあります。ロシアでは幼稚園や学校の給食メニューにも登場しますし、ホテルやレストランの朝食にも必ず見かけます。 

スクリーンショット 2018-07-11 3.21.23 

△たっぷりのお紅茶といっしょに。ロシアでは、茶葉の入ったティーポットにお湯をお願いすると、無料でサービスしてくださるお店も多いので、サモワールならぬティーポットを囲んでおしゃべりに花を咲かせているロシア人マダムたちもよく見かけます。

関連☆気分はアーティスト!Кафе «Чайковский»(カフェ・チャイコフスキー)