ロンドン発!贈り物やお土産にぴったりのチョコレート5選

2022-02-16

(2022.02.14)ハッピー・バレンタイン!今日は英国発!贈り物やロンドン土産にぴったりなチョコレートをご紹介します。

1、Prestat(プレスタ)

IMG_5874 IMG_5877

1902年創業のプレスタ。王室御用達の証ロイヤル・ワラントが輝き、鳥とお花の化粧箱はどれもエレガントで高級感があるので贈り物にぴったり!エリザベス女王に授けられたロイヤル・ワラントですが、女王のお母様も、そしてダイアナ元妃もお気に入りだったというブランドです。味もユニークで、アールグレイ味やルバーブ味など紅茶大国イギリスらしいものも。トリュフ類も人気です。

【英国のお気に入り】プレスタのアールグレイ・チョコ

 

2、Rococo Chocolates(ロココ・チョコレート)

IMG_7865 IMG_7863

IMG_7955 IMG_7957

IMG_7952 IMG_7953  

パッケージの可愛らしさに、あれこれ目移りしてしまいます。ホワイト・アルパラガスを模したチョコレートもありましたよ!

 

3、Hotel chocolate(ホテル・ショコラ)

IMG_5783

IMG-8541 IMG-8543

△こちらもロンドン市内でみかけるホテル・ショコラ。カジュアルで種類豊富、お子様にも喜ばれそうな可愛らしいチョコレートや3種類のチョコレートが楽しめるチョコレート・ショートブレッドが美味しい!

 

4、Charbonnel et Walker(シャルボネル・エ・ウォーカー)

IMG_4595 IMG_2931

△日本で最も知られている英国のチョコレートといえば、こちら!(関連ブログ☆【英国のチョコレート】エリザベス女王のお気に入りはすみれとバラ?シャルボネル・エ・ウォーカー

 

5、チョコレート・ボム

IMG_5909 IMG_5337

イギリスの冬といえば、ホットチョコレート(【“英”印良品】幸せが溢れ出す!ホット・チョコレート・ボム)楽しくホットチョコレートが作れるチョコレート・ボムも人気です。英国のスーパーならどこでも手に入る!ちょっとした子どものおやつにぴったりなキャドバリー (Cadbury)。実は、エリザベス女王より王室御用達の証であるROYAL WARRANTを授与されています。贈り物には、オリジナルのキャドバリー、あるいはホットチョコレートはいかがでしょうか?(☆【イギリス国内旅】『チャーリーとチョコレート工場』の甘い誘惑!キャドバリー・ワールドへ【英国のお気に入り】英国のキャドバリー&ロシアのアリョンカのチョコレート

おまけ

IMG_4856 IMG_2471

贈り物や贈り物というよりも、最近の私のお気に入りチョコレートはこちら(☆【英国のチョコレート】ヴィーガン・チョコ “ミリオン・スクエアー“)。ヴィーガン発祥のイギリスらしく、ヴィーガンチョコレートの贈り物もあり、でしょうか?スーパーで購入できるもののなかでは、ジャッファ・ケーキもイギリスらしくて喜ばれます。(☆勝利を呼ぶスイーツ!?Jaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)

 

さて、2月14日に想いを寄せる男性に女性がチョコレートを贈る習慣は日本だけのもの、と知ったのはいつだったでしょうか。ロシアでもイギリスでも、愛する人たちの日ではありますが、家族でカードを送り合い温かい食卓を囲んだり、恋人同士で贈り物をしあったり、それぞれの愛の形で過ごします。

我が家は、お菓子作りが趣味の息子が、フォンダン・ショコラに挑戦!とろーりからしっとり、ふわふわへ、チョコのグラデーションが楽しめて焼き立てが絶品でした。ハッピー・バレンタイン!

 

ロシアのチョコレート関連

ロシア発!お土産にぴったりの【ロシアのチョコレート】 〜まとめ〜