【イギリス国内旅】『チャーリーとチョコレート工場』の甘い誘惑!キャドバリー・ワールドへ

2021-08-11

イギリスのチョコレートといえばキャドバリー (Cadbury)!エリザベス女王より王室御用達の証であるROYAL WARRANTを授与されています。(【英国のお気に入り】英国のキャドバリー&ロシアのアリョンカのチョコレート)夏休み、ついにキャドバリーのチョコレート工場へ。

IMG_8322

IMG_8317

IMG_8334 IMG_8231

△最寄り駅のBournvilleもキャドバリー色!案内にしたがって煉瓦造りの工場へ向かうとなんだかもうチョコレートの香りが漂ってきます。

IMG_8328

△工場に併設されたテーマパーク『キャドバリーワールド』入り口はこちら

IMG_8236 IMG_8239

△サニタイザーもチョコレート!?チケット(大人£19.00&子ども£14.00)を確認するとチョコレートバーをもらえます。

IMG_8240

IMG_8243

△まずはカカオの森へ。そしてさまざまな展示やシアターでキャドバリーの歴史をたどっていきます。

IMG_8244

△薬として飲まれていたカカオがイギリスに伝わり、そしてキャドバリー社によってホットチョコレートから子どもたちの大好物おやつの固形チョコへ。

IMG_8245 

IMG_8246

IMG_8247

△3つの工場があり、ここでは最後の加工の過程がおこなわれているそう。

IMG_8254

△40度からテンパリングして大理石の上で冷やしながら照りを出していきます。

IMG_8260

△チョコレートでお絵かきが楽しめるコーナー

IMG_8265

IMG_8269

△キャドバリーのフレークがついたアイスクリームはワゴンの定番!

IMG_8277

△お好みのトッピングで出来立ての温かいチョコレートを味見しながら進みます。

IMG_8274

IMG_8281

IMG_8279 IMG_8278

IMG_8282

IMG_8286 IMG_8273 

チョコレートでできたサッカーボールにティーポット!

IMG_8287 IMG_8291

△カフェではホットチョコレートをいただきました!

IMG_8324

△屋外には子供向けの遊び場と4Dシアター

さまざまな角度からチョコレートやキャドバリーを味わうことができましたが、いわゆる工場見学の要素は少なめで、アトラクションや遊び場、シアターなどは小学生低学年以下対象かなというイメージなのでちいさなお子様連れのファミリーにはぴったりの場所。なんだか甘いチョコレートをたべながらロアルド・ダール作の児童文学『チャーリーとチョコレート工場』を読み返したくなってきました。なんとも不思議なあのウォンカ工場の世界と甘いチョコレートの誘惑・・・!ちなみに、ロシアのチョコレートといえば・・・ウォンカでなくアリョンカです。

関連ブログ

ロシアを代表するチョコレートАлёнка アリョンカのショップ&カフェ

天空のチョコレート工場もオープン!展望台PANORAMA360で記念コインづくり【ロシアのアイスクリーム】【子どもと楽しい!】

キャドバリーワールド(Cadbury World)https://www.cadburyworld.co.uk/en