日本のなかのロシア〜北海道 函館 開港ミュージアム〜 7

2016-11-13

(ロシア文化フェスティバルblogより)

函館市旧イギリス領事館には開港の歴史や文化を楽しく学ぶことができる開港ミュージアムがあります!

スクリーンショット 2016-09-28 16.12.24

船室のような展示室。樽には仕掛けが施してあり、スコープをのぞくと明治へタイムスリップできたり、ハンドルを回すと音楽に合わせてダンスが始まったり。ゆらゆらと波に揺られている気分を味わえるベンチも。

スクリーンショット 2016-09-28 16.16.39

外国船の影が忍び寄る開港前夜から、ペリーの黒船来航をきっかけに日本で初の国際貿易港として開港するまで、時代や興味深いテーマに分かれて分かりやすくまとまっています。

スクリーンショット 2016-09-28 16.15.48

スクリーンショット 2016-09-28 16.15.33

スクリーンショット 2016-09-28 16.48.47

 

 

スクリーンショット 2016-09-29 12.00.37

△ロシア領事のゴシケーヴィチに写真を習得し、洋服の仕立て人から北海道初の商業写真師になった木津幸吉や、ロシア軍艦で函館に来た画工のレーマンから洋画の技法を学び、その方法のひとつとして写真も習得した横山松三郎。

階段を降りていくと、敷き詰められた絨毯に『箱館開港 世界大鳥瞰図』!

スクリーンショット 2016-09-28 16.14.09

国際都市函館の外国領事についても解説されていました。1857年に長崎で結ばれた日露追加条約で貿易港としての下田は閉鎖されることになり、ロシア本国は最初の日本領事を箱館に派遣しました。翌1858年にロシア領事ゴシケヴィッチ一行15名が到着。実行寺を仮領事館として教会を建てます。開港後に幕府の許可を受けて日本で最初に作られたキリスト教会です。1860年には現在のハリストス正教会の場所に壮麗な白亜の領事館と付属聖堂を建てて有名になりました。

スクリーンショット 2016-09-28 16.14.33

△箱館に“ヲロシヤ“も見えます。

スクリーンショット 2016-09-28 16.14.45

△露西亜もあります。

スクリーンショット 2016-09-28 16.38.38 スクリーンショット 2016-09-28 16.38.47