【今日のロシア】新宿中村屋ボルシチしゃぶしゃぶ

2015-02-26

昨年2014年10月に美術館やテナントも入ってリニューアルオープンした新宿中村屋ビル。以前こちらのサイトでもご紹介いたしました噂の“ボルシチしゃぶしゃぶ“を頂いてまいりました!世界中でここでしか食べられない日露合作メニュー!

P1090719

P1090718

△ロシアはもちろん、インドや中国、フランスなど各国料理を取り入れて商品展開してきた新宿中村屋さんならではのメニューが用意されている最上階レストランGranna(グランナ)。注目のメニュー「ボルシチの和牛しゃぶしゃぶ鍋 シチリアバター&サワークリーム添え」は、ディナーはアラカルトで2300円、ランチは事前予約のうえ6500円のコースメニューのメインとして頂くことが出来ます。

 スクリーンショット 2015-02-26 21.36.05

本日のランチコースは、キャビアと蟹のサラダ、フォアグラボールの前菜やウニの茶碗蒸し、魚料理に真鯛のポワレ、そしてついに・・・!

 スクリーンショット 2015-02-26 21.38.16

ボルシチしゃぶしゃぶ登場!

テーブルの上の土鍋には、ぐつぐつと煮えたボルシチ風トマトスープ(中村屋のボルシチは、ビーツではなくじっくり煮込んだトマトで赤みをだしています)。すでに下茹でしてあるお野菜やソーセージなどをいれてポトフのようにしてから、そこに、和牛をさっとくぐらせます。

スクリーンショット 2015-02-26 21.46.00 スクリーンショット 2015-02-26 21.46.15  

しゃぶしゃぶ〜♪とろけるお肉!野菜と肉の旨味がたっぷりのスープであったまります。

添えられているシチリアバター(ニンニクとパセリ入り)やサワークリームを落として、味の変化も楽しめます。昭和2年から提供していらっしゃるという中村屋のボルシチは、もともと塊肉ではなく薄切りのお肉を使用していたそうで、厨房でそのボルシチスープとお肉を偶然にもしゃぶしゃぶしてみたら意外にも美味しかったので考案されたようです。

以前の中村屋でも、パーティの裏メニューとして“ボルシチしゃぶしゃぶ“が登場したことがあったそうですが、新生・中村屋の看板メニューのひとつとして新たに加わったのだそうです。

スクリーンショット 2015-02-26 21.45.12

△ご一緒したのはサンクトペテルブルグを中心にアーティストもののマトリョーシカなどを扱うロシア雑貨マリンカ店主の鈴木真理子さんとムソルグスキーの熱い魂を継承するピアニストの木曽真奈美さん。

 スクリーンショット 2015-02-26 21.54.26

ビル3階には中村屋サロン美術館も併設されており、中村屋の歴史を知り、ゆかりの展示をみることができます。「己の生業を通じて文化・国家(社会)に貢献したい」という想いで相馬愛蔵・黒光夫妻によって創業された中村屋は、明治の末から大正にかけて、女優 松井須磨子や彫刻家 高村光太郎、画家 竹久夢二や劇作家 秋田雨雀をはじめ美術、演劇、文学などさまざまな分野の芸術家が集まり“中村屋サロン“と称されていました。

IMG_8648 

△ミュージアムショップで売られているエロシェンコのポストカード

そしてそのなかに、日本の盲学校で学ぶために大正3年に来日したエスペランティストで盲目の詩人ワシーリー・エロシェンコがいました。ロシア文学好きでロシア語が堪能であった中村屋創業者の相馬黒光さんの呼びかけもあって、お店で朗読会が開かれたり、エロシェンコが中村屋のアトリエに住まわせてもらうようになったりと深い交流がつづくなかで、中村屋にボルシチが生まれました。(公式サイト内の創業者ゆかりの人々より)

P1090724 

スクリーンショット 2015-02-26 21.53.18

△地下2階にはカジュアルなレストランMannaマンナもあり、こちらでもボルシチをオーダーできます。また、地下1階のショップBonnaボンナでは、ボルシチ缶詰やアグレッツィ(きゅうりの漬け物)も購入可能です。(ピロシキは現在ビル内では販売していないとのことでした。)

過去関連ブログ☆【今日のロシア】館山限定!中村屋ロシアケーキ