【ロシアのレストラン】【懐ソ派】«Dr. Живаго»ドクトル・ジヴァゴ

2019-11-29

ロシアに来たら一度は訪れたいロシア料理の名店はたくさんありますが、そのなかにいつもランクインする場所のひとつが、クレムリンや赤の広場からも近い老舗ホテル ナツィオナリ(Националь)1階にあるレストラン Гранд-кафе «Dr. Живаго»ドクトル・ジヴァゴです。

IMG_8164

6CF0C720-2D6E-4AF8-AE35-EB56D34EB1E9 

5C272218-716E-4A58-98D7-0B876A0723BF

IMG_7238

『ドクトル・ジヴァゴ』は、ロシアの作家ボリス・パステルナークの小説。それを原作に1965年に公開されたアメリカ・イタリア合作映画『ドクトル・ジバゴ』(デヴィッド・リーン監督)も有名です。ロシア革命の混乱の時代に翻弄されながらも愛に生きる、主人公で医師のユーリー・ジヴァゴと恋人ラーラ、そして家族や取り巻く人々の数奇な運命を描いています。

4888A18C-30B0-4F7A-95CB-495DEEAD7D1D

639397AA-368F-42A9-A829-E52C472CDBDF

赤がアクセント!ソ連をテーマにしながらもスタイリッシュでモダンな内装は、観光客はもちろんのことロシア人にも人気があります。入口を入ると広がる明るいスノーホワイト・ホールは、マレーヴォチやペトロフ-ヴォドキン、デイネカ(Александр Александрович Дейнека)、サモフヴァロフ(Александр Николаевич Самохвалов)などトレチャコフ美術館の新館で作品を目にする20世紀の輝けるアーティストの作品をモチーフに。

7F96AC54-F52A-4740-B445-67741FB66C13

01318039-F28C-49F2-8B99-AA92AE8E389B

△さらに奥にある落ち着いた雰囲気のホールは、壁がまるで伝統工芸のパレフ塗りのようなイメージでしつらえられていて、天井にはルビーの星が輝きます。窓際のお席からはクレムリンを眺めながらお食事することが出来ます。

A9FAE9DD-E189-4C41-8343-380E19100CB9

△デザートメニューには、“レトロ”メニューもあり、ソ連時代からの人気スイーツを味わうことができます。手前は定番の蜂蜜ケーキ、奥は“レトロ”スイーツから、サンクトペテルブルクのトゥルーバチキ(さくさくのワッフルのなかにコンデンスミルク・クリーム入り)。

DFD7A571-3F4D-43EC-A98B-CC8FB758987C

6F659BCC-78B1-4B93-B41A-B0886EBEB3B3

△店内に置かれた小物のひとつひとつに魅入ってしまいます

さて店内では残念ながら聴くことが出来ませんでしたが・・・映画『Доктор Живаго』の挿入曲『ララのテーマ』は、誰もが一度は耳にしたことのある哀愁漂う名曲です。ロシア人を演じるには少し濃いめのオマール・シャリフ(エジプト出身)の名演が光ります。

cpl73a000006xynd

日本でも大ヒットした映画ですが、2018年には宝塚歌劇団星組が上演して話題になりました。

Доктор Живаго http://drzhivago.ru/

Address: Mokhovaya St, 15/1