ロシアの宝石市の世界! vol.2〜Самоцветы на Кузнецом〜

2019-11-08

ロシアには、定期的に開催されている大規模な宝石市がいくつかあります。Московский Дом Художникаは、ロシアのさまざまなアーティストが小さなお店を構えており、いつ訪れても楽しいのですが、企画展として毎月定期的に宝石市も開催されています。

80250397-F073-4D37-88E9-AC54D0479FB1

3F3D56AA-E458-4F78-A966-1A74C9C42EFC

8A584E3E-A949-4879-8CA1-BDBF1B1A648A

17678D15-6345-4182-9DC5-E3936D9079D2 974642DB-A635-4B39-9E8F-CFA8BFC9D654

△日本人だと分かると喜んで、ご自身の自慢の日本モチーフアクセサリーを披露してくださいました。着物の帯留めだったものを指輪に作り替えたのだそう。

4BCB8743-5EB1-4159-8EA9-E8F96057901F

DB5792D1-561F-4884-BE81-0E7264C0CB88

A73B26F0-0EDC-4DA3-8596-3D50F319368A

△大小さまざまなパールとダイヤモンド、марказитという宝石でレースのように繊細な細工を施した銀アクセサリー

108126D2-CC37-4192-A4E9-1CA30540A546

D01C4074-EF19-4DEA-BC8C-8692F1639F66

△展示ホール内の一画には職人さんもいて、指輪のサイズ調整(400~600ルーブル)や、ピアスの金具など親切に相談にのってくださいます。

E9E4F510-08E1-4E1C-8C6B-9CF8E1140116

BDF9E452-7F64-4B5C-BD32-C3C7D7F065FD CD996333-D3F7-42E5-A600-2960D163B873

今日は、贈り物でいただいたペンダントトップに似合うスピネル(шпинель)という石のネックレスを選んで頂きました。

A3B26362-B44D-4C11-B022-21E86C7012DD

△ウラル地方のМалахит(孔雀石)。民話『石の花』の世界です!

65F5065D-815D-4942-ACF0-EE63100515B2

CEA055C3-1861-45A5-AE13-442316890098-600x450

△“シベリアのエメラルド”と呼ばれるロシア産の美しい緑色の石ХРОМДИОПСИД。アンティークの指輪にも使われていました。

8637DE4A-CDFC-40FE-80A6-FE4C24E60B5A

A14B8018-7A97-4F71-9148-CE821D8034D4

11345CA0-C923-494F-B55B-4979A54D4CCE

 

ロシア人の友人たちは「Московский Дом Художникаなんてモードじゃないわ。今どきのショッピングモールやデパートへ行けば、ヨーロッパの素敵なデザインのものが安く買えるのに!」と言うのですが、そういう商品は日本にもあるためあまり興味がありません。ロシアにしかないデザイン(それはソ連時代のものが多いのですが)やロシア人デザイナーの作品に出逢いたい!ここはまるで美術館を訪れているような気持ちになれます。

Московский Дом Художника http://mdx.ru/

 

Самоцветы на Кузнецом http://www.melodisam.ru/

Address: Ulitsa Kuznetskiy Most, 11