【モスクワの街角】街の手入れ

2019-05-28

「モスクワの街がほかのヨーロッパの国に比べてもとても綺麗なのに驚いた!」あちらこちらを旅した方が、声を揃えておっしゃいます。

クラシックな街並みが魅力のモスクワ、古くからの建物も、春には清掃したり外壁のペンキを塗り直したりと手入れが行き届いているため(【モスクワの街角】春到来!)、10年ぶりのモスクワを訪れた父はクレムリンの赤煉瓦や教会の屋根が10年前と変わらぬ美しさであることに驚いていました。都心部でも公園や並木道も花壇には季節の花が咲き、緑が生き生きと茂っています。地下鉄構内もゴミひとつ落ちていません!秋は落ち葉を集め、冬には雪かきはもちろん、歩行者の安全のために石畳の上の滑って危ない氷を砕いたり、つららを落としてくださったり(【モスクワの街角】頭上注意!足元注意!雪解けのモスクワ)。

IMG_7480

花壇に種を蒔いていらしたので近づいてみると・・・

IMG_7060

IMG_7061

△鳥にたべられないように手持ちの布とフォークでカバー!

何か作業をする時には、効率よく出来るように長期的なことも考えて計画して、必要とされる道具をきちんと準備してから、美しく完璧な仕上げを目指すのが国民性の日本人ですが、ロシアでは日本ほど形にこだわらず、思いのままに行動!なんでも手持ちの物で工夫して豊富な生活の知恵からうまくその場を解決してしまいます。結果、時間がかかっても手間がかかってもその行程も楽しんでいるかのように受け入れてあまりイライラしませんし、未来のことも「まあ、なるようになるさ」と言う思考で、何か起きたらまたそこで対処。完璧な仕上げではなくても手作りの味のある仕上がり?もロシア的です。