【モスクワのレストラン】美女と露牛!ВОРОНЕЖ(ヴォロネジ)

2019-05-21

モスクワ生活2年記念のお祝いをするならここ!と決めていました。2017年5月29日〜私にとって2回目のモスクワ生活がはじまりましたが、そのときに歓迎会をしていただいた想い出のレストランВОРОНЕЖ(ヴォロネジ)です。

IMG_7028

IMG_7032

 △店員さんは美女ばかり!赤いリップに黒い制服、お店の雰囲気に合わせて赤と黒でまとめた装いも惚れ惚れしてしまいます。18世紀の貴族の邸宅を改装したという建物は4階建てで、各階ごとにコンセプトがあります。インテリアは、イリーナ(Ирина)とオリガ(Ольга)の美人双子姉妹によるロシア発!注目のデザインスタジオ Сестры Сундуковы(Sundukovy Sisters или просто S+S)。

IMG_7051

IMG_7031

IMG_7052

△1階は気軽にハンバーガーを楽しめるテーブル席とお肉屋さん。天井にもお肉が・・・!

IMG_7049

IMG_7048

IMG_7047

△ロシア北部アルハンゲリスクのメゼニ塗り模様のようなランプや小物が可愛らしい2階レストラン。

IMG_7033

IMG_7038

△シャンデリア煌めく3階はさらにゴージャスな空間になっています。夏季(5〜10月)は屋上テラスもオープン!

IMG_7035

△ちょうど2017年頃は、ロシアでは国産牛が安く美味しく展開されるようになり、モスクワ市内には国産牛が自慢のステーキ&レストランが自慢のレストランがつぎつぎに増えていました。こちらのレストランでは、ロシア2大国産牛メーカーのひとつ«Праймбиф»(プライムビーフ)社のお肉のなかでも、ヴォロネジ地方の農場ГК «Заречное»の最高級霜降り牛にこだわっているそうです。

IMG_7039

IMG_7040

IMG_7041

△タイ風ローストビーフ・サラダ(Тайский биф салат )とステーキ(Стейк Воронеж Прайм)。もともとはドクトル・ジバコで働いていたシェフのマクシム・タルシン氏がお薦めするのは、30種類あるという肉料理。ステーキやローストビーフはもちろん、牛肉入りのサリャンカ(Солянка Мясная)やシーなどのスープ類、牛肉のペリメニ(シベリア風水餃子)も。ロシアのカフェ&レストランでは、タルタルなどレアで頂くお料理も人気ですが、ステーキもハンバーガーのお肉も日本よりも焼き加減がレアに感じます。日本のミディアムがお好みならロシアではウェルダン・・・というように、日本よりも少ししっかり目の火加減でオーダーすることをおススメします。

IMG_7042

△テーブル会計のロシアでは、お会計をお願いするとキャッシュトレイ代わりに店内の雰囲気にあわせてユニークな入れ物のなかにレシートが入っていることが多く、レストランの最後のお楽しみです。こちらはアンティークの革張りの本。

IMG_7044

IMG_7037

IMG_7053

△レストランの目の前には、金色に光る救世主ハリストス大聖堂。観光バスも通る人気の観光ルートです。モスクワにおける西洋絵画の殿堂の国立プーシキン美術館や、国民的詩人プーシキンの博物館、文豪ツルゲーネフの博物館までも歩いてすぐです。

そんな変わらぬ古き良きモスクワの風景のなかに・・・ロシアの底力をアピールする流行の国産牛!ロシア発で世界が注目のデザインスタジオによるインテリア!このモスクワ都心部の最もモードなレストランのひとつに招いていただいて、10年ぶりに訪れたモスクワの今を感じたことを思い出します。

新しい生活に仕事に・・・ロシアナとしても母としてもモスクワでの新生活にあっという間だった1年目、2018年の日ロ交流年とともにモスクワ生活をよりじっくりと味わった2年目、そして3年目は何か自分なりにロシアにご恩返し出来るような時間を過ごしていけたら・・・と思います。

«ВОРОНЕЖ» http://www.voronej.com

住所 Ulitsa Prechistenka, 4