【ロシアの音楽】満開!リラの花

2019-05-13

日ごとが長くなり、生き生きと緑が茂りって夜鳴きウグイスの声が響き始める初夏・・・窓から甘やかな香りが漂ってきます。白から紫色へのグラデーションが美しいСирень(ライラック、リラ)の花がモスクワの街を彩り、そよ風に吹かれて輝く白樺の葉と爽やかに踊ったり、宵闇に溶けて幻想的に映えたり・・・モスクワの最も美しい季節のひとつです。

IMG_7218

IMG_E6694

IMG_6693

IMG_6698

IMG_E6700

頭の中では、ラフマニノフ作曲『Сирень』がずっと流れています。

△ラフマニノフの演奏によるピアノ曲。故郷イワノヴォの家の周りもライラックの美しい場所だそうで、ラフマニノフの人生を描いたパーヴェル・ルンギン監督の映画『ラフマニノフ ある愛の調べ(原題はВетка сирени(ライラックの枝)』でもライラックが重要なモチーフになっていました。

△歌曲の『Сирень』

音楽、絵画、そして雑貨までロシアではライラックをモチーフにしたものにもよく出逢います。

siren

uploads7image044

IMG_7207  

強い陽射しのなかをふわりふわりとポプラの綿毛が飛んでいたと思ったら、雷鳴轟く夕立で足元が小川になったりと、この時期は変わりやすいお天気です。アナウンサーとして勤務していたロシア国営国際ラジオ『ロシアの声』でも、この時期は白樺やポプラなどみんな春の花粉症で鼻声だったっけ・・・と懐かしく思い出します。