【ペテルブルクで出逢う偉人シリーズ】文豪ドストエフスキー

2019-04-21

サンクトペテルブルクには、文豪ドストエフスキーにまつわる場所がたくさんあります。

IMG_7416

△ドストエフスキーが亡くなる1881年まで最後の2年間を過ごした家は文学記念館になっています。

IMG_7421

△モスクワでは、国立レーニン図書館の前にドストエフスキー像がありますが、サンクトペテルブルクではこの文学記念館からすぐの場所にあります。最寄りは地下鉄ドストエフスカヤ駅で、そばにはドストエフスキー・ホテルもあり、ホテル内には『罪と罰』の主人公の名をとったバー・ラスコーリニコフもあります。

IMG_7423

△銅像は、ドストエフスキーが通っていたというウラジーミル教会の方を向いていました。

IMG_6944

IMG_6935

△『罪と罰』の主人公ラスコーリニコフの家。この建物の小さな屋根裏部屋で暮らしていた設定です。

IMG_6386

△聖イサク寺院。ラスコーリニコフの部屋は窓からこの寺院が見えるという設定でした。

IMG_6947 

IMG_6945  

△こちらは『罪と罰』を執筆していた家。1861年〜1867年まで住んでいました。

IMG_6953

IMG_6955

IMG_6951

△『罪と罰』主人公ラスコーリニコフが、罪を告白しようとした広場。十字路は十字架の象徴になっています。「十字路に行き大地に接吻しなさい」というソーニャの言葉に、ここで接吻をして警察署へ向かった

IMG_6950

IMG_6956

IMG_6958

△モイカ運河。ドストエフスキーもよくこの辺りを散歩していたのでしょうか・・・!モイカ河沿いには、こちらも作品名から名付けられたレストラン『イジオット(白痴)』も。

IMG_6681

IMG_6671

IMG_6672

 IMG_6675 IMG_6674

IMG_6677 IMG_6678

 

IMG_6680 

IMG_6667

IMG_6668

IMG_7430

IMG_7293

ほかにも、市内にはドストエフスキーやその作品にまつわる場所がたくさん!アレクサンドル・ネフスキー修道院でお墓まいりをすることもできます。