【ペテルブルクで出逢う偉人シリーズ】国民的詩人プーシキン

2019-04-21

モスクワの市内中心部プーシキン広場には国民的詩人アレクサンドル・プーシキン像が建っていますが、北の都サンクトペテルブルク市内中心部の芸術広場にも、プーシキン像が建っています。

IMG_7308

△サンクトペテルブルク市内のプーシキン像。後ろには国立ロシア美術館。

IMG_7241

IMG_7239

IMG_7243 

△1799年モスクワで生まれたプーシキンは、サンクトペテルブルグの学習院に編入。第1期生としてここで6年間学びました。学習院は講堂や自習室等が公開されており、プーシキンの成績表なども展示されています。そしてプーシキンは早くも15歳のときに書いた詩『ツァールスコエ・セローの想い出』で世のなかの注目を集め、またたく間に人気となります。

IMG_6395

△デカブリスト広場にある青銅の騎士像。モデルはピョートル大帝です。

プーシキンは『青銅の騎士』などサンクトペテルブルクをテーマにした作品も多数残しています。

IMG_7274

IMG_7275

△美貌の妻をめぐりフランス人のダンテスに決闘を申し込んだプーシキン。決闘に出かける前に立ち寄ったとされるのがこちらの『文学カフェ』。サンクトペテルブルクにはほかに、『エヴゲニー・オネーギン』にも登場しプーシキンが好んでよく散歩していたという『夏の庭園』、そして人生の最後4ヶ月を過ごした家が『プーシキンの家記念博物館』として公開されています。

【モスクワで出逢う偉人シリーズ】国民的詩人プーシキン