【フランスのなかのロシア】〜パリ・オペラ座のシャガールの天井画とシャトレ座〜

2019-01-31

モスクワのボリショイ劇場の美しい天井画、そしてそこに描かれた女神の謎については以前こちらでご紹介しましたが・・・

IMG_2350

IMG_4016

△こちらはパリのオペラ座(ル・パレ・ガルニエ)!天井画はシャガールによる『夢の花束』バレエとオペラ作品、そしてパリの風景が溶け合った詩情あふれる花束は、シャガールから私たちへの贈り物です。今にも音楽が聞こえ、踊りだしそう・・・!(天井画は1964年9月23日完成。シャガール78歳の作品)フランスには、ニースやランスなど、まだまだシャガールゆかりの足を運んでみたい場所がたくさん!

IMG_4018

ボリショイ劇場のなかを見学出来るツアーもありますが(日本語も)、オペラ座は入場券を購入して自由に見学できるほか、“オペラ座の怪人“をテーマにした場所や演劇仕立てで謎解きをしながら楽しむようなツアーも人気でした。

IMG_4029

IMG_4039

△大理石の階段。中央には剣を持った劇の女神(左)と竪琴を持った音楽の女神(右)

IMG_4046

IMG_4050

テラスからはオペラ通りの絶景!

 

一方、シャトレ座の方はただいま改装中でした。セルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュス(Ballets Russes ロシア・バレエ団)は、1909年にここシャトレ座で旗揚げをして、パリを中心に一大ブームを巻き起こしました!

IMG_4932

火の鳥、春の祭典、ペトリューシュカ・・・シャトレ座やオペラ座など、ここで上演されたんですね!

 ☆モスクワ通信『改装後のボリショイ劇場本館』をご紹介!