【モスクワのレストラン】巨大ワーレノクが目印!家族で楽しむロシア料理 Valenok

2018-08-04

ロシアの冬にぴったりの伝統的なフェルト製ブーツ“ワーレンキ”(ひとつですとワーレノク)。雨には弱いのですが、雪にはとても強く、軽いのに足先までぽかぽか。ころんとした可愛らしい形も魅力です。

そんな大きなワーレノクが目印のこちらのレストラン。

IMG_6834

IMG_6854

△カジュアルな1階席と

IMG_6875

△やや落ち着いた雰囲気の2階席。

IMG_6873

IMG_6874

△テーブルに置かれたサモワールも素敵です!

IMG_6839  IMG_6885

IMG_6841

△新鮮な野菜やフルーツ、シャシリクにシーフード、焼きたての黒パン・・・オープンキッチンの前には入り口から色とりどりの食材が並び、食欲をそそります。

IMG_6859 IMG_6863

IMG_6864 IMG_6867

△ボルシチ。オリビエ・サラダ、シャシリク。

ショーケースにずらりと並ぶデザートも人気!

IMG_6852 IMG_6846

△ロシアのクレープブリヌイを重ねてミルクレープのようにしたケーキ。

IMG_6848 IMG_6845

△ロシアの大晦日定番の映画『運命の皮肉』の名前が付けられたケーキと『夢』という名前のケーキ

IMG_6849 IMG_6850

△ロシアの定番!蜂蜜ケーキとナポレオン。ナポレオンは日本のようにサクサクのパイ生地にいちごと生クリーム、というイメージではなく、しっとりとしたパイ生地とクリームが層になっています。

IMG_6853

△そして店名にもなっているワーレノクのケーキと、こちらもロシアで昔から愛されている蟻塚ケーキ。

IMG_6836

週末は子どもが遊べるスペースも用意されており、のんびりとくつろぎながらお食事を楽しむロシア人ファミリーでいっぱいでした。2018年、モスクワには、キッズ&ベビーフレンドリーなカジュアルレストランがずいぶん増え、また、気軽に外食を楽しむロシア人ファミリーもずいぶん増えたように感じます。

IMG_6881

お店の外の巨大なワーレノクは、夜は美しくライトアップされるだけでなく、テーマに合わせてデコレーションが変わったりします。ワールドカップで盛り上がっている期間は、サッカーボール模様でした。(【FIFAワールドカップ2018ロシア】テラスでサッカー観戦!

IMG_0059 a762cf4aff7c5f7b74d4a998e4194bf4

IMG_0057

ある時は、青い巨大な熊が・・・!

Valenok https://novikovgroup.ru/restaurants/valenok/