【モスクワで家探し】〜その2 内覧〜

2017-06-04

さて、サイトで候補をしぼったら、次は気になる物件の大家さんに連絡してもらい、モスクワ市内を見てまわります。

スクリーンショット 2017-07-11 12.14.09

△街で時々見かける不動産屋さんの車

モスクワでは、部屋は基本的に家具付きのまま貸し出されます。洗濯機や冷蔵庫、アイロンなど基本的な家電一揃えも大家さんが購入して部屋に供えてくれます。何も持たずに入居し、すぐに暮らし始められるので便利ですが、その反面、カーテンに壁紙、照明に家具、置物や絵に至るまで大家さんの好みがお部屋や家具にものすごく反映されます。そのため、同じ建物のなかでも間取りから何から全く違う2部屋を内覧したことも!どのお部屋にもそれぞれの魅力があり、お宅訪問みたいで楽しい反面、いざ自分が生活する空間になると思うとなかなかこれと思える物件に出逢うのは難しかったりします。

 スクリーンショット 2017-07-11 13.47.36

スクリーンショット 2017-07-11 13.48.18 スクリーンショット 2017-07-11 13.48.33

△家に猫がついていたり(!)アンティークのラジオやピアノがあったり、ステンドグラスや絵で壁一面を装飾していたり。

ヨーロッパ風のクラシック建物は雰囲気が素敵でも水回りが気になったり、新しくモダンな建物は、清潔で使いやすそうだけれどまだ家具が何もなかったり。(大家さんが必要だと判断すれば、別途家具を購入してくださったり、あるいは撤去もしてくれます)日本人にとっては、浴槽がある部屋というのも重要ポイントですよね!?

良いご縁があれば、いよいよ契約して入居、となりますが・・・季節はちょうど、夏休みの始まり!海外へバケーション中だったり、モスクワ郊外の菜園つき別荘ダーチャで過ごしている大家さんも多く、思うように内覧がすすみません。