モスクワ通信『本物の金が織り込まれたトルジョクの金の糸刺繍』

2020-04-26

ロシア文化フェスティバルblogより)

宿場町トルジョクといえば、ポジャルスキー・カツレツの他にもう一つ忘れてはならないのが、金を混ぜ込んだ糸で縫った刺繍製品 Торжокские золотошвеиです。9〜10世紀頃にはじまったと言われ、12世紀からトルジョクの伝統手工芸として受け継がれてきました。

IMG_2363

本物の金(や銀)が縫い込まれているのでその輝きはとてもエレガント!

IMG_2390

クレムリンをはじめ、ロシアのさまざまな場所・職業の制服で伝統的に使用されている刺繍ワッペンもトルジョク製が多いのだそうです。

IMG_2316

△トルジョク市内のお土産ショップではどこでも素晴らしいコレクションを見ることができました。

次はこの金の刺繍の博物館を訪れてみましょう。金の糸刺繍を深く知るためには4つの文化センターがあり、トルジョクにあるのはそのなかの2つ。

IMG_2367

△ひとつめは、金の糸刺繍で祈りの言葉が施された12mの帯が展示されている帯の家(Дом пояса)

IMG_2428

△そしてこちらの金の糸刺繍の博物館(Музей Золотного шитья)です。

IMG_2385

△入り口を入るとまずは、トルジョクの街の地図や観光名所、伝統的な四季の暮らしを描いた大作が飾られていました。

IMG_2397

IMG_2400

△プーチン大統領をはじめ数々の著名人がここを訪れ、また素晴らしい作品が贈られたことがわかります。

IMG_2401

IMG_2395

△大クレムリン宮殿のアンドレーエフスキー・ホールにも。

IMG_2389 IMG_2405

△トルジョクはモスクワとペテルブルクの間の宿場町として発展してきました。両都市を象徴する建物を刺繍にした傑作も数多く保管されています。

IMG_2392

△この展示室では、古く貴重な初期の刺繍作品をみることができます。

IMG_2382

IMG_2384 IMG_2383

△古都トルジョクには美しい教会や修道院もあり、金の糸が神々しく輝く教会やイコンにまつわる刺繍作品も多くみられます。

IMG_2381 2020-04-22 20.12.04

△16世紀の裁縫道具セットやこんな可愛らしい16世紀ヨーロッパ製の指貫入れも展示されていました。

IMG_2378

△刺繍に使われている糸には5〜8%の金が入っているため、しなやかですがしっかりとして硬い糸です。そのため通常の刺繍のように刺して布地を傷めないように、図柄に合わせて金の糸を布地の表面に固定し、それを絹の金糸で縫い付けるという独特の手法が使われています。

IMG_2376 IMG_2377

IMG_2379

IMG_2388

△金の糸刺繍を体験してみたい方には、マスタークラスもあります。

IMG_2408

△次の展示室には、歴代の傑作が展示されていました。

IMG_2399 IMG_2409

IMG_2373

△『豊穣』

IMG_2402

△『石の花』しばらくうっとりと眺めていると、案内の方がサプライズで電気を消しました。するとどうでしょう・・・!暗い中で金色が光りだしました。

IMG_2403

△モスクワからトルジョク、そしてサンクトペテルブルクまで馬車で向かう様子が描かれている『モスクワからサンクト・ペテルブルクへの旅(Путешествие из Москвы в Санкт-Петербург)』。エレーナさんのお話では、プーチン 大統領はこの作品を大変気に入り、サンクトペテルブルク出身でロシアの大統領としてモスクワで執務する自らの人生に重ね合わせてイメージされたのか、ぺテルブルクからモスクワへ向かう逆のバージョンのものをお持ちなのだとか。 ご自宅に?それとも執務室に?この素敵な作品をどこに飾っていらっしゃるんでしょう。

建物内にはショップも併設されています。

IMG_2412

IMG_2411

IMG_6049

ベルベットの布に映える金刺繍のポーチは種類も豊富!どれも素敵で迷ってしまいます。美しいクッションカバーも記念に購入しました。

 

золотошвеи https://zolotoshveya.com/museum