映画「モスクワは涙を信じない」★

2010-01-30

昨日のブログでも少しご紹介した映画
「Москва Слезам Не Верит(モスクワは涙を信じない)」
(1979年ウラジーミル・メニショフ監督作)
★1980年度アカデミー外国語映画賞受賞!

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=bg1Ppv_OHr8

題名の「モスクワは涙を信じない」というのは
「泣いたところで誰も助けてはくれないものだ」という格言からきているそう。

舞台は1950年代後半から1970年代後半にかけてのモスクワ。
田舎から出てきて同じ寮に暮らす3人の女性
カーチャ、リューダ、トーシャを描いた物語。

それぞれに個性的で魅力的なこの3人の
恋や仕事、生き方を観ているだけでも面白いのですが、
さらに、今も昔も変わらぬ建物や地下鉄などモスクワの情景や、
逆に今はもう見られないソ連時代の生活スタイル、
ロシアの男性って?ソ連時代の寮って?ダーチャでの過ごし方は?など
たっぷりとソ連&ロシアを感じられるオススメの作品となっています!

♪映画冒頭で流れるテーマ曲、ニキーチン夫妻の歌う
「Александра(アレクサンドラ)」も大ヒット!
アレクサンドラは、劇中でシングルマザーとなった主人公カーチャの娘の名前です。

今年の「ロシアの声」新年番組では、この「モスクワは涙を信じない」について
真野アナ&山上アナ&後閑アナが熱く語る番組があったのですが、
みなさんお聴きになったでしょうか・・・?とってもおもしろかったですよね!

大学の授業のはじめ、
中澤英彦先生が「まずはこれを観ましょう!」とおっしゃって
私が初めて観たロシア映画でもあります。