【今日のロシア】上原彩子の「くるみ割り人形」

2015-01-15

2002年に開催された第12回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門において、日本人として初めて、かつ女性としては世界で初めての優勝を果たした日本人ピアニスト上原彩子さん。

inf_det_image_244

2006年1月10日には「ロシア文化フェスティバル2006 IN JAPAN」オープニング・ガラコンサートでゲルギエフ指揮マリンスキー管弦楽団と共演。また、2010年5月にはユーリー・バシュメット率いる国立ノーヴァヤロシア交響楽団と日本ツアーを行ない高く評価されるなど、ロシアのオーケストラや芸術家からの信頼も厚いピアニストでもあります。

2005年に結婚し、現在は三児の母でもあるという上原さん。公式プロフィールでもストレス解消法に子供と遊ぶこと、を挙げていらっしゃいます。世界的なピアニストとして、そしてお母さんとして、輝きつづける上原さんですが、昨年12月には、キングレコード移籍後第一弾となるCDをリリース

ab_body_image3_2091-200x200

上原彩子のくるみ割り人形 チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71 ピアノ版

2015年1月にはこの『くるみ割り人形』のコンサートを東京で、3月には京都で、ムソルグスキーの『展覧会の絵』を披露してくださいます。

 

189bb08d9250edbc48feea779ffb93a2-200x283