ウィリアム・モリスのステンドグラスが美しい教会へ、イギリス流の初詣!?

2022-01-19

ウィリアム・モリスのステンドグラスが美しい教会Holy Trinity Church Sloan Squareへ、イギリス流の初詣!?

IMG_6667

IMG_7008

IMG_7010

IMG_7011

unnamed-3

△このThe East Windowは、Edward Burne-Jones&Morris&Companyによるステンドグラス作品。教会の一角には、ウィリアム・モリスとジョン・ラスキンの頭像も置かれていました。

IMG_7029

IMG_7028 IMG_7027

△ジョン・ラスキンはビクトリア時代を代表する評論家で、ターナーの作品を称賛し、ミレイやロセッティなどラファエロ前派と呼ばれる画家たちを擁護して19世紀英国美術の発展に寄与しました。(☆海を描くイギリスのターナーとロシアのアイヴァゾフスキー!テート・ブリテン(Tate Britain)の『Tuner’s Modern World』へ)産業革命のイギリスにおいて、芸術と産業を融合したアーツ・アンド・クラフツ運動を追求していったウィリアム・モリスやエドワード・バーン=ジョーンズにつながっていきます。テート・ブリテンでも、最も心躍るエリアのひとつ・・・!

IMG_7031

IMG_7038

IMG_7032

IMG_7026

IMG_7021

 

関連

☆ロシアでも、大好きな美しい教会へ初詣。☆【ロシア正教】マルフォ-マリンスカヤ修道院で過ごすひととき