【F&Mパトロール】クリスマス・ティーでクリスマス・ムード!

2020-11-03

 季節はハロウィンが終わり、クリスマスへ・・・今月のF&Mパトロール!

IMG_0061

IMG_0127

△F&Mのアドベントカレンダーが毎年可愛いのですが、建物自体もアドベントカレンダーになっていました!

IMG_1577 IMG_1578

△夜のライトアップもとっても素敵です!(☆ロンドンとモスクワ!街のクリスマス・イルミネーション比較

IMG_0063

△クリスマスティーのデコレーション

IMG_0067

△赤と緑のクリスマスカラーでクリスマスティー登場。贈り物にもぴったり!

IMG_1586

IMG_0071

△サンタクロースと撮影できるフォトスペースも。サンタクロースは、ヨーロッパでは聖ニコラウスのこと。4世紀頃の実在した人物で、夜中にそっと貧しい家庭の窓に金貨を施していました。それが、アメリカを始め世界へ広まっていくうちに、クリスマスの前の晩に子供たちにプレゼントを届けてくれる今のサンタクロースのイメージにつながっているのだそうです。ちなみに、同じキリスト教でもロシア正教のロシアでは、クリスマスは新年のあとの1月7日で、サンタクロースとはやや違うジェド・マロース(寒波おじいさん)とスネグーラチカ(雪娘)がやってきますよ。(☆連想ゲーム!ロシアの新年といえば何?【ロシアの劇場】星型の劇場!ロシア軍劇場(ソヴィエト赤軍中央劇場)で新年ヨールカ祭りの劇

IMG_1582

IMG_1579

IMG_1593

IMG_0072

△一生ものの木製アドベントカレンダー

IMG_0073

△手軽に楽しめる紙製アドベントカレンダー

IMG_0074

△イギリスでよく見かける布製オーナメント。布製はロシアではあまり見かけませんでしたが、イギリスではあちらこちらのお店や観光地などで、さまざまなモチーフのものが一年中販売されています。

IMG_0102

△アフタヌーンティースタンドやティーポット&カップ、F&Mの時計やどれもこれも素敵で目移りしてしまいます。(☆【モスクワ郊外クリン】一年中、ロシアの新年!もみの木のオーナメント博物館

IMG_0076

IMG_0077 IMG_0083

△たくさんのくるみ割り人形!ロシアでも年末年始はくるみ割り人形です!(☆【ボリショイ劇場】ロシアのクリスマスはやっぱり『くるみ割り人形(Щелкунчик)』

IMG_0080 IMG_0081

△イギリス伝統のクリスマス・クラッカー!両端を引っ張るとなかからちいさなプレゼントやメッセージ、クイズや紙で出来た王冠などが出てきます。

IMG_0082

IMG_0084

IMG_0086 IMG_0087

IMG_0089

IMG_0094

IMG_0095

IMG_0096

IMG_0097

IMG_0101

お店のショーウインドーには、これまでのクリスマスポスター☆カタログが立体的に再現されていました。

IMG_0119

IMG_0107 IMG_0108

△1965年

IMG_0109 IMG_0110

△1934年

IMG_0103 IMG_0104

△1936年

IMG_0105 IMG_0122

△1957年 

IMG_0111 IMG_0112

△1930年 

IMG_0114

△2008年

IMG_0116

△2015年

IMG_0117