トラファルガー広場のクリスマスツリーと赤の広場のもみの木

2020-12-26

モスクワでは毎年、赤の広場に大きなもみの木が飾られますが(【赤の広場】テーマは宇宙!クリスマス 2020)ロンドンでも毎年、トラファルガースクエアに、大きなクリスマスツリーが飾られます。

IMG_1499

背景にはナショナルギャラリー!モスクワで噴水が楽しめるのは5月〜10月までですが、ロンドンではまだ水がきらめいています。(関連☆モスクワ通信『モスクワの宝石箱!夏空にきらめく噴水コレクション』

IMG_1502

IMG_1504

二次世界大戦中、イギリスがノルウェイを支援したことへの感謝の気持ちとして、1947年から毎年オスロから届いているそうです。ツリーを囲むように、クリスマスをテーマにした詩が寄せられていました。息子も大好きだった英国を代表する絵本作家のひとりJulia Donaldsonの新作『The Christmas Pine』

IMG_1517

また、ツリーの横には、日本人アーティストTomoaki Suzuki氏によるNativityもありました。

IMG_1512

忘れられないクリスマスツリーといえば、やっぱりキリスト生誕の地ベツレヘムで見たツリーでしょうか!(関連☆【イスラエルのなかのロシア】〜ベツレヘム〜

IMG_1519

IMG_1521

△下からでは顔が見えないほどの高さの銅像は、イギリス海軍提督ネルソン像!モスクワのユーリー・ガガーリン像を思い出します。(【ロシアの祝日】職業の日 4月13日 День космонавтики(宇宙飛行士の日))偉大な人物として国民にとても尊敬されているのですね。

IMG_1497