大掃除のあとはカレー?オリーブオイルで東京から世界旅行

2022-12-26

大掃除って、歳神様をお迎えするためにするものなんですね・・・!大掃除のおともに聴いていたラジオ、『Please テルミー!マニアックさんいらっしゃ〜い!』のゲストは、神社ソムリエの佐々木優太さん。お正月にまつわるあれこれ、息子と一緒に「へ〜!」と勉強。

ロシアの年末年始の過ごし方は・・・こちら☆【モスクワ通信】ロシアの年末年始って?新年&クリスマスの過ごし方

△そんな夜は煮込んでおいたカレー。そして・・・バゲットと東京オリーブオイル入門BOX。“おうちに広がるすてきな東京”Find my Tokyo. BOX!メトロ広告で発見した息子が、わたしの妹にはオレンジジュース入門を、自分にはオリーブオイル入門を。スペインの食堂でどこもパンと一緒に美味しいオリーブオイルが出てきて以来、息子はオリーブオイルが大好き! (☆【スペインのなかのロシア】〜まとめ〜

モロッコ、フランス、スペイン、ポルトガル。サッカーの強そうな4カ国のオリーブオイルが揃っていて、味の違いを楽しめます。私のなかでは、まろやかでジューシー、華やかな風味のモロッコが優勢。サラダにはフランス。息子はやっぱりスペインが優勝だそう!オリーブオイルで東京から世界へ・・・!旅に出たくなります。

△カレーのお供は、母の漬けたぴりりと辛い大きなラッキョウ!

ちなみに、翌日のわが家の人気メニューはカレードリア。

玉ねぎやほうれん草、きのこなど冷蔵庫の中の余り物を小麦粉といっしょによく炒めて牛乳を加えたホワイトソースをつくり、ご飯→野菜入りホワイトソース→カレー→チーズ&パン粉の層にするひと手間がごちそうポイントです。

そのままでも美味しい残り物のカレー・・・どんなアレンジで召し上がってますか?

関連

モスクワで美味しいオリーブオイルが入手できた場所は、きっとここだったのでしょう!

【モスクワ通信】120年の歴史に幕・・・食料品店エリセーエフスキー