【今日のロシア】吉祥寺 Cafe RUSSIA カフェ ロシア

2011-10-25

ロシア料理愛好家のなかで最近話題のお店といえば、都内住みたい町No1.の吉祥寺駅すぐにあるCafe RUSSIA カフェ ロシアさん。

 テーマカラーは赤いボルシチ色ロシアでは「赤い」と「美しい」という言葉の語源は一緒だったそうで、ロシアでは「赤」は特に大切にされています。

グルジア人の女性シェフが作るメニューは、ロシア料理もグルジア料理もとても本格的ながら日本人の大好きなメニューを上手に揃えています。日本のロシア料理屋さんは、“おふくろの味“系か“レストラン系”か、ロシア人好みか日本人好みか、西のモスクワ&ペテルブルグ風か東のシベリア極東系か・・・広いロシアのどこで、あるいはどこ出身の方に師事したかによって、味の雰囲気が異なることが多いのですが、こちらはすべての加減が絶妙に程よいのが人気の秘訣かもしれません。 

 

 
ホールスタッフにもロシア人を採用、ロシア語表示のメニューもあって本格的な味が楽しめます
 

△前菜は、ロシア人の大好きなキノコのマリネ。

△メインにはビーフストロガノフ

ロシアではご飯と一緒よりも、マッシュポテトやフライドポテトなどジャガイモといっしょに出てくることが多いです。ロシア人にとってお米は“付け合わせの野菜”という感覚のよう。日本ではご飯が多いですね。選択できたら素敵・・・!
 

△テイクアウト可のピロシキは、大人気アニメチェブラーシカの顔つき
 
つづいて、日本人の口にもとても合うと評判のグルジア料理メニューでは、

△スープは、スパイシーな“ハルチョー”

△前菜は、胡桃ペーストを焼いたナスで巻いた“バクラジャーニ”
(ちゃんとザクロの実がのっていて感激!大好物なんです)
 

 △茹でた鶏肉にスパイシーな胡桃ソースがかかった“サツィヴィ”。まったりとコクのある胡桃と甘酸っぱく爽やかなザクロの組み合わせはグルジア料理ならでは

つづいてメインは・・・

 △ナイフで切るとなかからバターがとろけ出す鶏肉フライ“キエフ風カツレツ”

 △鶏肉をグリルしたグルジア料理の“タバカー”。パリッと香ばしい皮とスパイシーな味付けで食べ応えたっぷり。

 

 △そして、グルジアレストランに行ったら絶対に頼んでしまうのが、定番の“ハチャプリ”

たっぷりチーズがとろけるグルジア風のパン(ピザ)です。
モスクワのグルジア料理屋さんでも、ホウレンソウ入りや半熟玉子がのったものなど、
バリエーションがいろいろありどれも絶品でした
そして、どれもこれも飲みやすいお味のグルジアワインにもぴったりです。
 
食後にはグルジアコーヒーも注文できます。
コーヒーの粉の混じった濃いコーヒーを歯でうまく濾しながらすするのがツウの飲み方だそうなのですが・・・実は私はこれを飲むのがちょっと苦手。
 
【過去関連記事からモスクワのおすすめグルジア料理店】
 
ごちそうさまでした!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日本のロシア料理店