ペスト禍のロンドン大火、コロナ禍の・・・平和と復興へのモニュメント

2022-03-07

地下鉄モニュメント駅を降りると目の前にそびえ立つモニュメント(The Monument)。ロンドン大火の記念塔です。この青い空が、日本へ、ウクライナへ、ロシアへ、つながっています。どんな想いで見上げているのか、平和の祈りが届きますように。

1666年にロンドン中心部シティ・オブ・ロンドンで発生した大火事からの復興のモニュメント。ロンドンミュージアムでは、炎に包まれたロンドン橋やロンドン塔、セントポール大聖堂などが描かれた当時の様子が展示されていました。(関連☆【英国のなかのロシア】ロンドンの、ロンドンによる、ロンドンを知るための、ロンドン博物館!あるベーカリーを追う

△石造りの円柱はおよそ62m、ここから62m先が出火場所だったことを示しているそうです。内部は展望台になっています。

△311段の螺旋階段を登っていくと・・・

△タワー・ブリッジが綺麗に見えます。(関連☆【英国のなかのロシア】タワーブリッジで開運祈願!海運でロシアから届いたものは?

△シャードの尖塔。テムズ川をウーバー・ボートが通っていきます。

 

△不幸な火事は1666年9月2日日曜日、Pudding Laneにあったパン屋の窯からの出火し、4日間もの間燃え広がって、木造の家屋が多かった当時のロンドンの街の大部分が消失してしまいました(ギルド・ホールなどの石造りの建物がわずかに残りました)。幸いなことに火事で亡くなった方はほとんどいなかったのだそう。一方でこの頃(1665年頃から)、ロンドンでは疫病ペストが流行していましたが、この火事によってウイルスも死滅したとも言われています。当時のペストと現代のコロナウイルスの蔓延が比較されることも多いですが、大学生だったニュートンは大学閉鎖のために実家で過ごしているなかで(現代ならステイホーム中のオンライン授業ですね)庭のリンゴの木の下で万有引力の法則のヒントを得たと言われています。

原因不明のペストに苦められた後に焼けてしまった街に、コロナ禍を経て今焼失していくウクライナの街の情景が重なり涙が止まりません。Миру Мир! 世界に平和を!