ケンジントン庭園からはじまった物語『ピーター・パン』の銅像

2022-02-10

夏の緑も冬の水鳥も、四季折々の美しさを楽しめるケンジントン・ガーデンズ(☆【イギリスでしたい100のこと】ロイヤル・パークで自然を愛でる)。ロイヤル・パークのひとつで、ケンジントン宮殿があり、ダイアナ妃にまつわるスポットが沢山あることは知られていますが(☆〜ケンジントン・ガーデンズでダイアナ元妃の記念スポットめぐり〜新しい銅像と記念庭園、記念プレイグラウンド、記念噴水)、今日はピーターパンの銅像を見にきました。

IMG_6657

ピーター・パンPeter Pan)は、スコットランドの劇作家&童話作家ジェームス・マシュー・バリー(Sir James Matthew Barrie)の戯曲『ピーター・パン:大人になりたがらない少年(Peter Pan; or, the Boy Who Wouldn’t Grow Up)』や小説『ピーター・パンとウェンディ(Peter and Wendy)』の主人公の名前です。

IMG_6659 

誰もが知っているのこのお話が、英国のものだと知ったのはつい最近のこと(☆【英国のなかのロシア】英国の紳士クラブ「The Reform Club」でランチ会)。ピーター・パンはこのロンドンのケンジントン・ガーデンズでベビーカーから落ちて迷子になってしまい、永遠の少年となってネバーランドに住むことになります。

IMG_8513

少年時代に不幸な事故で兄を亡くし、悲しみにくれる母を慰めようという心から、この永遠に大人にならない少年ピーターパンが誕生したというストーリーを聞いたときには思わず涙がこぼれ、夢と冒険がつまった子ども向けのファンタジーというイメージだけではない何か胸を締め付けるような感覚はこのせいだったのか・・・と妙に納得もしました。ました。ピーター・パン関連作品の著作権は、ロンドン最大の子供病院である「グレート・オーモンド・ストリート子供病院」に寄贈され、病院にもピーターパン像が置かれて子どもたちを勇気づけているのだそうです。

IMG_6654

IMG_6652