アリス、ハリーポッター、そしてあの人物も!大学の町オックスフォード旅 前編【英国のなかのロシア】

2022-01-29

(2021.12.18)冬休み、オックスフォードへのデイ・トリップ! 英国最古の大学であり最高学府であるオックスフォード大学で知られるこの町には、『不思議の国のアリス』作者ルイス・キャロルや画家ターナー、ウィリアム・モリスの妻ジェーン・バーデン、映画『ハリーポッター』そして、あのロシア人にまつわる場所・・・とたくさんの魅力がつまっています。

IMG_5602

△ロンドンのパディントン駅から列車で約1時間弱。

IMG_5603

△駅の改札も、アシュモレアン博物館の『Tokyo: Art & Photography』展!2021年6月から開催されていた話題の展覧会、1月3日までということで間に合いました。

IMG_5615

△アシュモレアン博物館は、エリアス・アシュモールがオックスフォード大学に寄贈したコレクションをもとに1683年に創設された世界初の大学博物館。

IMG_5616

IMG_5618

IMG_5619

△綺麗な館内は地下から5階まで、見どころ満載!

IMG_5622

『Tokyo: Art & Photography』展への桜の回廊は、蜷川実花さんの写真インスタレーション

IMG_5634

△東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、テーマは東京。東京にちなんだ古美術、浮世絵、写真、映像作品などが展示されています。

IMG_5625

IMG_5627

IMG_5628 IMG_5630 

△展覧会の見どころ詳細はこちらへ。

IMG_5639

常設展もとても魅力的で、どの展示室にも発見と驚きがあります。

IMG_5652

ロシアにまつわる展示のなかで私のお目当ては、この洋食器の展示室。

IMG_5646

△ウェッジウッド社の評判を聞きつけて、1773年にロシアの女帝エカテリーナ2世が注文した『フロッグ・サービス』というディナーセットのうちの3枚が展示されています。(ウェッジウッド関連☆)女帝はほかにも、マイセン社には「スワン・サービス」、セーブル社には「カメオ・サービス」、ロイヤルコペンハーゲン社には「フローラ・ダニカ」・・・と優美な陶磁器をコレクション。そして自国の誇るサンクトペテルブルクの「インペリアル・ポーセリン」社を皇帝御用達の陶磁器工房へ、そして世界の一大陶磁器メーカーへと発展させていきます。

IMG_5640

△名前の通り、手描きの可愛らしい青カエルの紋章がポイント!エカテリーナ2世が夏の別荘ツァールスコエ・セローのエカテリーナ宮殿に向かう途中に滞在したというケケレケクシネンスキー宮殿のために注文したものですが、ケケレケクシネンスキー(Kekerekeksinenski)とはフィンランド語で“カエルの沼”を意味していて、ここは“カエル宮殿”と呼ばれていたのだとか。

IMG_5641

△どの食器にもすべて異なる英国の美しい風景画が描かれています。50名分の食器セットは440点(メインセット680点、デザートセット264点)

IMG_5642

△もちろん、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館にコレクションの大部分が展示されていますが、アシュモレアン博物館では3点見ることが出来ます。

IMG_5657

△楽器コレクションの展示室にはアントニオ・ストラディバリ作の名器ストラディバリウスも。

IMG_5665 06211ada-6bcd-413c-9f0d-cddf43e75f31 

△絵画も充実していて、たとえば1833〜1862年の間オックスフォードで暮らしていたターナーの作品もいくつか見ることが出来ます。現在も変わらずに残っている景色も!(左・ターナーの絵 右・息子の撮影した写真)

IMG_5613

IMG_5609 IMG_5611

△ターナーの暮らしていた家にはブループラークもありました。(関連☆海を描くイギリスのターナーとロシアのアイヴァゾフスキー!テート・ブリテン(Tate Britain)の『Tuner’s Modern World』へ

IMG_5673

△ラファエロ前派の画家たちのミューズであり、ウィリアム・モリスの妻、ジェーン・バーデンのグッズも充実しています。なぜなら、ジェーン・バーデンはオックスフォード出身なのです。

IMG_5694

IMG_5693 IMG_5692

△ひっそりとした小道にブルークラークがありました。1839年10月19日にここで誕生しました。

IMG_5682

△そばにはジェーン・バーデンの描かれたパブTURF TAVERNも。せっかくなので、ここでランチをとることに。

IMG_5684 IMG_5691

午後は、いよいよオックスフォード大学に向かいます。