【英国のなかのロシア】シャーロック・ホームズ博物館の名探偵マトリョーシカ

2022-01-06

(2021.05)ベーカー・ストリートにあるシャーロック・ホームズ博物館へ。イギリスの小説家アーサー・コナン・ドイル卿の創作した小説シリーズのなかで活躍する名探偵ホームズと助手ワトソン博士が約25年間住んでいた家(221b番地)が再現され、博物館として1990年から公開されています。

IMG_5777

IMG_5795 IMG_5786

△実在の人物であるかのように、建物の外壁にはブループラークも!1881年から1904年までここで暮らしていました。

IMG_5901

ミセス・ハドソンが大家のこの建物の2階で暮らしていたホームズ。

IMG_5800 IMG_5903 IMG_5905

階段を登ると、ホームズの書斎へ。優雅な赤い壁紙とカーペットが映えるちいさな部屋に、大きな窓。ここから通りのガス燈や行き交う馬車を眺めていたのでしょうか。

IMG_5818

名探偵ホームズにまつわるたくさんの展示物は、ホームズとその作品を愛していればいるほど楽しめますが、シャーロッキアンだけの場所ではなく、ホームズの活躍した大好きなヴィクトリア時代のインテリアにもうっとり・・・!

IMG_5805

IMG_5808

IMG_5809

IMG_5812

△ホームズはトッテナム・コート・ロードのユダヤ人街の質屋で安く購入したという高価なストラディバリウスのヴァイオリンを所有していました。

IMG_5813

IMG_5815

IMG_5833

△同じ階にあるホームズの寝室は落ち着いたグリーンの壁紙

IMG_5820 IMG_5822

IMG_5832

IMG_5824 IMG_5825      

さらに階段を上がって3階が、ワトソン博士の寝室とミセス・ハドソンの部屋で、今は作品に関する展示室になっています。

IMG_5845

IMG_5837  

IMG_5839 IMG_5841

IMG_5842

IMG_5843

IMG_5844

△ホームズの胸像

IMG_5846

IMG_5858

IMG_5859

IMG_5861

IMG_5863

小説のワンシーンが蝋人形で再現した部屋も。

IMG_5878 IMG_5877

△(右)『まだらの紐』のラストでロイロット博士が亡くなるシーン!

IMG_5879 IMG_5892

IMG_5869 IMG_5870

IMG_5893 

△(奥)『ボヘミアの醜聞』でマスク姿のボヘミア王とアイリーン・アドラーでしょうか。

IMG_5897

IMG_5789

△1階のミュージアムショップも充実しています。

IMG_5788

IMG_5779

△ありました、マトリョーシカ ! 

IMG_5915

IMG_5921  

IMG_5781  

IMG_5908 IMG_5911

IMG_5791

IMG_5906 IMG_5917  

IMG_5913

IMG_5907

最寄駅のベイカー・ストリート駅はホームもホームズでいっぱい!

IMG_8869

△BAKER STREET駅

IMG_5762

 

△このホームズ、よく見ると、ちいさなホームズで出来ています・・・!

IMG_5761

IMG_5759 IMG_5760   

IMG_5764 IMG_0099

IMG_5773

ホームの出口にも、ホームズ像!

ロシアでもシャーロック・ホームズ&ワトソン蔵があります。関連☆【モスクワのなかの英国】実はロシアにもいる・・・名探偵シャーロック・ホームズ!そして、英国大使館の詩の小道