フランス・ロココの香り漂う邸宅ウォレス・コレクション

2021-12-04

IMG_1962

△賑やかな繁華街オックスフォード・ストリートからほんの少し足を伸ばすと、ここだけ別世界のように閑静なエリアがあり、薄ピンク色がフランス感たっぷりのウォレス・コレクション(The Wallace Collection)の邸宅が佇んでいます。(改装中の外観)

IMG_2018

△扉を開けると玄関ホール正面に大階段!

IMG_5035

△踊り場には、フランソワ・ブーシェの『日の出』と『日没』が並びます。

IMG_5037

IMG_5041

△たくさんのブーシェ作品のなかには、フランス・ロココ芸術を愛してやまなかったポンパドゥール夫人の肖像画もここで観ることが出来ます。

IMG_5056

△そして、最も見たかった作品『ぶらんこ』で有名なフラゴナール作品の並ぶ展示室

IMG_5053

△この肌の色、揺れるドレス、表情と仕草・・・揺れるブランコの風が、木の葉のように心をざわめかせ、香りたつようなフェロモンで包み込んでいます。(☆山田五郎 オトナの教養講座→貴婦人にぶらんこ大流行!?そのあざとい理由とは?【フラゴナール 】

IMG_5060

IMG_5055

優美なフランス絵画、そしてフランス宮廷の調度品や磁器、嗅ぎ煙草入れなどの宝飾品、鎧や刀などの武具などが並びます。

IMG_5051

IMG_5061 

IMG_5065

IMG_5068

IMG_5069

IMG_5043

IMG_5045

大階段を登ると、部屋ごとに異なる華やかな壁紙!ルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラントなどのフランドルやオランダの名画が並びます。

IMG_5074

IMG_2011

△グレート・ギャラリーにはルーベンス晩年の傑作『虹のある風景』 (THE RAINBOW LANDSCAPE Peter Paul Rubens)

IMG_2009

IMG_1988

IMG_1992

△レンブラント 『自画像』

IMG_1985 IMG_1987

△この日はピーテル・デ・ホーホの作品にとても心惹かれました。

IMG_2013

IMG_1996

IMG_1999 

IMG_1969

IMG_5075

IMG_1977

IMG_1979 IMG_1972

IMG_5076

IMG_2016 IMG_2017

IMG_2036 IMG_2034 

△富士山が描かれた京都のものと考えられている漆塗りのキャビネットも!どんなストーリーを経てフランスへ、そしてウォレスコレクションに収まったのでしょうか。

IMG_2028

△企画展ではフランス・ハルスの『笑う騎士』をはじめとする作品群を企画展FRANS HALS: THE MALE PORTRAITで観ることが出来ました。ハルスの描く肖像画のモデルは、名もなき人物も多いのですが、ハルスが興味と敬意をもって筆をとっているのが感じられ、ハルスだけに見せる良い表情というのか、画家とモデルとの間に流れる心地よい時間と信頼関係が感じられるなんともいい肖像画ばかりなのです。

IMG_1981

IMG_5078 IMG_5077

国立の美術館が無料なので、こんなにも素晴らしい場所がいつでも誰にでも開かれていることこそ、英国の素晴らしいところ・・・!ショッピングの後に、好きな展示室や好きな絵画を1枚楽しんでお茶するだけで心が満たされる、そんな私のロンドンのエルミタージュ的存在です。