【英国のなかのロシア】鳥を夢見たロシア人と日本人!サイエンス・ミュージアムでワクチン接種

2021-06-01

(2021.06)医療従事者や高齢者からワクチン接種が進み、「もう打った?」「1回目?2回目?」が挨拶がわりになっているロンドンです。50歳以上は3月上旬頃〜、45歳以上は4月中旬頃〜、NHSからの連絡が来ていたようです。ユニークなのは、教会のなかや博物館のなかなども接種会場になっていること。

IMG_7596 IMG_8125

△いつも子どもたちに大人気のサイエンス・ミュージアムも接種会場のひとつになっています。

IMG_8124

△ワクチン接種開始直後は、予約して行っても1時間半待ちの行列・・・なんて聞いていましたが、すでにワクチンセンターはこの通り、ウォークインでも並ぶことはありません。40代以下はアストラゼネカとファイザーの選択ができるようで、それぞれの接種後の反応なども話題になっています。接種後は15分ほど会場内で様子をみて、異変がなければ終了です。なんと、このまま博物館を見学して行っていいですよ、とのこと。 

IMG_7598 IMG_7601

IMG_7634

産業革命の起こったイギリスですから、蒸気機関などの展示は充実しています。そして宇宙コーナーでは、もちろん宇宙大国ソ連&ロシア関係もたくさん見ることができます。

IMG_7603 IMG_7604

IMG_7607

IMG_7608

IMG_7609

IMG_7612

△ソユーズについては、こちらをどうぞ!(☆モスクワ通信『宇宙飛行士の星の街(前編) ガガーリン宇宙へ!ソユーズ誕生』モスクワ通信『宇宙飛行士の星の街(後編)国際宇宙ステーション』

IMG_7616

とても広く、幅広い分野に分かれているので、この日は乗り物の歴史に関するエリアへ。特に興味を惹かれたのは、飛ぶことを夢見た人たちについて。古くは神話の世界から空を飛ぶ馬や神が登場します。特にイカロスの話は有名で、迷宮(ラビリンス)に幽閉されてしまったイカルスと父親は蜜蝋で固めた鳥の羽根で翼をつくり、空を飛んで脱出。父はイカロスに「蝋が湿気でバラバラにならないように海面に近付きすぎてはいけない。また蝋が熱で溶けてしまわないように太陽にも近付いてはいけない」と忠告したが、イカロスは自らを過信して、太陽に向かって飛んでいった結果、墜落して死んでしまったというストーリー。

IMG_7619

△なんと、日本でも似たようなストーリーが・・・!?源為朝(後に鎌倉幕府初代将軍となる源頼朝と、そして異母兄弟の義経の叔父にあたる人物?)とその息子とされる人物が、八丈島に流されてしまい、為朝は安全に海を渡って息子を本土に戻すために大きな凧を作ったが・・・人間が空を飛べるようになるまでの道のりはまだ遥か遠く悲しい結末になってしまったそう。(北斎・画)

IMG_7618

△そして自ら作った羽をつけて跳ぼうと試みたロシア人の絵もありました。どちらも初めて知り驚きました!いつか時間を作って調べてみたいです。

IMG_7617

IMG_7624

IMG_7625

IMG_7626 IMG_7627

△このJALの飛行機を輪切りにして取り出した展示、とっても面白いですね!

IMG_7628 IMG_7629

△ゲームで体験できるコーナーや企画展、カフェスペースも。

IMG_7633

△The Clockmaster’s Museumも

IMG_7635

IMG_7636 IMG_7602

△ユニークなお土産もたくさん!ユーリー・ガガーリンのものもありますね。(ロンドンのユーリー・ガガーリン像についてはこちら☆【英国のなかのロシア】ロンドンにもある!宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン像