【英国のなかのロシア】アンナ・パヴロワの暮らした家 Ivy House in Golders Green

2021-09-04

ヴィクトリア ・ パレス劇場で踊る黄金のアンナ・パヴロワ像から(☆【英国のなかのロシア】劇場で踊りつづけるバレリーナ!黄金のアンナ・パブロワ像)、バスで北へ(13番でヴィクトリア Victoria駅からゴルダーズ・グリーン Golders Green駅へ)・・・アンナ・パヴロワの暮らした家へやってきました。

IMG_4355

△ゴルダーズ・グリーンのアイビーハウスIvy House in Golders Green

IMG_4352

IMG_4368

IMG_4364

△現在は女子校の建物として使われているようです。

IMG_4361

△この美しいテラスが気に入ったのでしょうか・・・隣にはゴルダーズグリーンの公園の豊かな緑が広がり、小高い丘の上のテラスからはロンドンの街を一望できるはずです。

IMG_4358

△建物の横からの眺め

アンナ・パヴロワはここで晩年を過ごし、このゴルダーズ・グリーンの Golders Green Crematoriumで火葬されました。1944年に亡くなったバレエの興行師で夫として知られているビクター・ダンドレ氏の遺灰と共にパヴロワの骨壺はずっとゴルダーズ・グリーンに置かれています。ダンドレ氏は、Victor E. Dandréというフランス風の名前を使用していましたが、ロシア生まれだったそう。パヴロワとは1900〜1904年にパリで出会い、1914年ごろに極秘結婚したと言われています。

スクリーンショット 2021-09-04 18.12.14

△アイビー・ハウスの庭でペットの白鳥(!)ジャックとの一枚。(Golders Green Crematoriumサイトよりお写真を転載)

では、そのゴルダーズ・グリーンの火葬場 Golders Green Crematoriumへ足を運んでみましょう。

関連☆【ロンドンで出逢う偉人シリーズ】バレリーナのアンナ・パヴロワ